ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

帰省用に!大きな横長トート

お気に入りに保存 13人

投稿者: pnopno

帰省用に!大きな横長トートの作り方

このハンドメイド作品について

子供連れの帰省や旅行に役立つ、大きなトートです。
横長なので、物をなんでも放り込んでは、また取り出して、と使い勝手が良いと思います。

イケアの「TIDNY」という布に、4歳の子どもと一緒に色を塗ってから縫製しました。
楽しんで作れたバッグで帰省に向かおうと思います。

写真のものは、上の幅59cm、底の幅45cm、高さ26cm、まち14cm、持ち手の長さ47cmです。

材料

  • 表地用の布
    122×45.5cm
  • 裏地用の布
    122×30cm
  • 底と持ち手用の布
    93×43cm
  • 布に書く専用のペン
    適宜

作り方

  • 1
    バッグの内部です。

    表地と同じ布で見返しをつけたデザインにしています。

    生地は全て、IKEAで買った布です。
    裏地はやや薄めですが、いずれも、結構しっかりした布です。
  • 2
    バッグの後ろです。
    外も中も、ポケットはつけず、シンプルなただのバッグです。
  • 3
    裁断は裁ち図を御覧ください。

    持ち手を作ります。
    縫い代の1cmラインと、縦半分に折った中心線にアイロンを掛けてから、縫って、幅3cmの持ち手にします。
  • 4
    バッグの裏地を作ります。

    裏地の布と、見返しの布を縫い合わせます。1センチの縫い代で縫ったら、縫い代を下側に倒して5ミリくらいの所に落としミシンを掛けます。

  • 5
    袋の口も1.5cmのところで折って縫っておきます。

    中表にして袋状に縫います。
  • 6
    中表のまま、画像のように袋の底の角をつぶして、角が14cmになるラインで縫います。

    これがバッグのまちとなります。
  • 7

    バッグの裏地ができました。
  • 8
    バッグの表側を作ります。

    まず、バッグの底辺のみを縫い合わせます。
    縫ったら、平らに広げて、縫い代は割ってそれぞれ落としミシンを掛けておきます。
  • 9
    5で作った布の真ん中に底当ての布を置き、縫いつけるラインを決めてチャコペンで線を書いておきます。
  • 10
    底当ての布を縫いつける前に、持ち手を先に縫い付けます。
    画像の赤い線のようなラインを縫います。

    その上に、底当ての布をかぶせて縫い付けます。
  • 11
    裏地を作った手順と同じように、中表にして両脇を縫い、バッグの底になる部分を三角につぶして14cm縫います。

    バッグの表のできあがりです。
  • 12
    バッグの表に、バッグの裏を入れて、バッグの口を縫い合わせます。

    できあがりです。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

今回は、買った布が140cm、150cmと幅広だったので、大きく作りましたが、

よく売られている布は幅が110cmのものが多いと思います。その場合、
バッグの横幅を、6センチ縮めて作れば、110cm幅の布の幅をぴったり使って作れます。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

pnopnoさんの人気作品

「トートバッグ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.