ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ラベンダースティック~2色でアレンジ~

お気に入りに保存 21人

投稿者: ラブりぼん

ラベンダースティック~2色でアレンジ~の作り方

このハンドメイド作品について

ラベンダーの花摘みに行ってきたのでラベンダースティックを作りました♪♪
おリボン2色で作ったアレンジバージョンです!

我が家では玄関にこのスティックが飾ってあり、帰宅するとラベンダーのいい香りが出迎えてくれます(^o^)
生花のラベンダーが手に入ったらぜひ作ってみてください♪

材料

  • ラベンダーの生花
    12本
  • リボン(6㎜又は3㎜幅のもの)2色
    各約2m
  • 少し

作り方

  • 1
    葉を全部落とします。
  • 2
    ラベンダー12本を束ね糸で結わきます。
    引き続き花の部分を形良く(お花の足りない所は落とした葉で埋める)糸でぐるぐる巻き結わきます。
  • 3
    リボン2本の端から40㎝の所を花の根元に糸で結わきます。

    この40㎝のリボンは最後の飾りの時に使います。
  • 4
    茎を上向きにし、ポキッと折れないように注意して折り曲げます。
  • 5
    長い方のリボンを茎と茎の間から2本出します。

    短い方(40㎝の方)はそのまま茎と同じに下に垂らしておきます。
  • 6
    1本は右方向へ、もう1本は左方向へリボンを茎の上下にくぐらせていきます。
    右方向→上下上下上下
    左方向→上下上下上下
    リボンがよじれないように注意して編んで下さいね!
  • 7
    茎と茎の間から2本のリボンが出ている状態になります。
  • 8
    2周目を編みます。
    2本のリボンを※交差させ、1周目と同じように左右方向にリボンをくぐらせます。
    右方向→上下上下上下
    左方向→上下上下上下
  • 9
    ※交差させる時は、リボンの右左どちらが上でもかまいませんが、どちらかに統一してく下さい。
    画像は右を上にしています。
  • 10
    3周目以降も同じように編んでいき、花の部分が編み終えたらリボンを固結びします。
  • 11
    正面にする所を決めます。

    交差している部分でも良いし、交差していない部分でも良いです。
    お好みで!
  • 12
    飾り用のリボンを茎から出し、束ねた茎をぐるぐる巻いたり、リボン結びしたりします。
    結び目が緩まないように結び目にボンドを塗ると良いです。
  • 13
    リボンと茎を切り揃えて完成♪

    好きな所に飾ってください。そのまま自然に乾いていきドライフラワーのようになります。
  • 14
    こちらは3㎜幅のリボンで作ったものです。
    リボンの幅が狭い分、編むのに時間がかかります。
  • 15
    ラベンダーは12本でつくるのが一番良いですが、本数を変える時は4の倍数で!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

初めて作る方は、最初にリボン1本で作ってコツをつかんでからをお勧めします。リボン1本での作り方は、ラベンダー奇数本で右方向のみでぐるぐる編みます。詳しくはラベンダースティック(ラベンダーバンドルズ)で検索すると簡単に調べられます。
飾りでリボンを茎にくるくる巻く場合は、きつめに巻いて下さい。乾燥すると茎が細くなりリボンがゆるゆるになってしまいます。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

ラブりぼんさんの人気作品

「ラベンダー」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.