ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

保温保冷お弁当バッグ

お気に入りに保存 12人

投稿者: maemami

保温保冷お弁当バッグの作り方

このハンドメイド作品について

保温保冷キルティング生地で作った、保温保冷お弁当バッグです。
塾へ行く子供にと、作りました。
大きな写真&図はこちらにあります。
http://homepage1.canvas.ne.jp/lovecraft/lunch_cooler_bag_a_photo.html

材料

  • 保温保冷キルティング生地
    たて 50cm × よこ31cm
  • 保温保冷キルティング生地(袋口用)
    2枚 たて6cm×よこ31cm
  • かばんテープ(持ち手用)
    2本 2.5cm×40cm
  • ファスナー1本
    30cmくらい

道具

  • ソーイング用のクリップ
  • ミシンの方押さえ

作り方

  • 1
    はじめに、袋口布にファスナーを付けます。袋口布のオモテにファスナーをウラにして置きます。 布端とファスナーの端を合わせてクリップで留めます。
  • 2
    ミシンの押さえを「片押さえ」に変えます。ファスナー布の真ん中あたりをミシンで縫います。縫えたら縫い代を、あて布をし低温アイロンで開きます。もう片側も同様に縫います。
  • 3
    縫い代を袋口布側に倒し、あて布をして低温アイロンをかけ、2,3ミリの所をステッチをかけます。
  • 4
    ファスナーを中心に中表に折って、両端を縫い代1cm~1.2cmで縫います。 縫い代は割っておきます。
    縫い代を開いて、ファスナーの端(下止側)を折って縫っておきます。
  • 5
    本体を縫います。 両端を1cmの縫い代で縫います。
  • 6
    マチを作ります。(2箇所) 三角の先を1㎝残してカットします。
  • 7
    キルティング生地をオモテに返し、持ち手を2㎝の縫い代内で仮止めします。
  • 8
    袋口生地のファスナーは開いておきます。本体生地と袋口生地を中表に合わせてかばんの口の部分を2cmのところをぐるりと縫います。
  • 9
    袋口布を表に返し、バッグの内側に入れて、当て布をし、しっかり低温アイロンをかけます。 かばんの口に0.5cmのラインでステッチをかけます。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

保温保冷キルティング生地にアイロンをあてるときは、あて布をします。縫い代などのしるしは折りすじをつけました。 仮止めはまち針は使わずに、クリップで止めました。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

maemamiさんの人気作品

「お弁当バッグ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.