ログイン(エキサイトID)新規登録

グラス入り葉っぱのアロマキャンドル

お気に入りに保存 61人

投稿者: Vida=Feliz マエダサチコ

グラス入り葉っぱのアロマキャンドルの作り方

難易度:★☆☆☆☆

このハンドメイド作品について

大豆ワックスを使っているので、グラスなのにススが出にくいキャンドルです。
消すときは、火消しを使うと、香りの効果が損なわれずに使えます。

材料

  • 大豆ワックス
    100g
  • キャンドル用糸芯
    適量
  • 割り箸
    1本
  • アロマオイル
    適量
  • 座金
    1個
  • 強化グラス(または耐熱グラス)
    1つ
  • アルミホイル
    適量
  • 紙コップ
    1つ
  • カッター
    1つ
  • 竹串
    1本

作り方

  • 1
    強化グラスに図のように糸芯を通した座金をセットします。芯が折れないように割り箸で垂直に固定します。座金はグラスの真ん中にくるようにしましょう。
  • 2
    大豆ワックスを湯煎して溶かします。70℃くらいで溶けます。
  • 3
    溶けたロウを紙コップにいれ、グラスにゆっくり注ぎます。
  • 4
    ロウの表面がやや固まり、白っぽくマクがはってきたらアロマオイルを芯の近くに3〜4滴たらします(ロウの3%程度の量が目安)。オイルは入れすぎると火がつかなくなるので注意を。
  • 5
    アルミホイルのボックスを作ります。
  • 6
    緑の色をつけたロウを流しこみます。ほどよく固まってきたら、カッターで葉っぱの形にカットしていきます。
  • 7
    いくつか葉っぱの形にカットしたら、竹串で葉脈を描きます。竹串は、先で描くと細くなってしまうので串を斜めに寝かせて、ロウを軽く押すように描いていくのがポイント。
  • 8
    型から葉っぱを抜き、柔らかいうちに形を整えます。葉っぱらしい、動きをつけてあげましょう。
  • 9
    グラスの表面にバランスよく葉っぱをおいていきます。位置が決まったら、葉っぱを軽く押してグラスのロウに固定します。
  • 10
    出来上がり。葉っぱの代わりにドライフラワーを乗せてもかわいくアレンジできます(その場合、ドライフラワーは燃えるので芯の近くには置かないようにしましょう)。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

注ぐだけなので、それほど難しくありませんが、大豆ワックスは湯せんしすぎると酸化するおそれもあるので、気をつけましょう。
大豆以外に、蜜蝋を使ってもマイナスイオンが発生して癒し効果があります。
葉っぱはすぐ固くなってしまうので、たくさん作れないときは、大きい葉っぱが1つとかでもかわいいと思います。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



ピックアップ

最新情報を
SNSでも配信中♪

twitter

ピックアップ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.