ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

リバーシブルトート

お気に入りに保存 4人

投稿者: pasimaron

リバーシブルトートの作り方

このハンドメイド作品について

リバーシブルにすることで季節や服、気分でもてるようにしました。

材料

  • 綿(表布用)
    110×40cm
  • 綿(中布用)
    110×40cm
  • 綿(縁布用)
    110×20cm
  • 持ち手長さ44cm×2cm穴あき
    一対
  • 接着芯
    1m
  • 薄い芯板 のり付き40×30cm
    1枚

作り方

  • 1
    布を裁つときは全てに1cmの縫い代をつける。
  • 2
    型紙を切ったら
    写真のように印しをつける。
  • 3
    表布、中布、縁布(2枚)
    底布(2枚)は周囲に1cmの縫い代を付けて裁ちます。
    また、2の写真で印したところ全てに3mmの切込みを入れる。
  • 4
    全部の布に同じ大きさで
    接着芯をアイロンでつける
  • 5
    側面布を輪にして縫い代をアイロンで割る。
  • 6
    縫い代を割ったところが
    後ろ中心です。4箇所を
    ピンで止めます。
  • 7
    全体をピンでとめます。
    どちらかたるみが出たら
    すこし浮かし気味にとめます。(次の写真を参考に)
    仮縫いをしてからミシンをかけます。
  • 8
    少しならごまかせます
  • 9
    表布出来上がり、中布も同じように仕上げる
  • 10
    表布と中布を合わせて
    軽くしつけをかけておく
  • 11
    合わせ方を間違えないように
  • 12
    芯は縁布長さと同じですが、幅を3cmにします。
    芯を輪にしてぬいます。
    ミシン針を厚地用14番に変え、ゆっくり縫います。縫い代1cm強にして縫って下さい。
  • 13
    縁布を輪にする
    上が表側縁布 縫い代1cm
    下が中側縁布 縫い代1.5cmで縫う
  • 14
    バックの縁より4cmのところにとめます。縁布を下側の縫い代はアイロンで折っておく
    仮縫いをする。
  • 15
    裏に返し
    表の仮縫いをした仕付け糸の位置に縁布をピンで止める。
  • 16
    表に返し縁布を縫う。
    この時、中のほうはピンを打っているので注意して縫う。
  • 17
    上側がバックの縁
    写真のように芯を入れる
  • 18
    表縁布、裏縁布を上部に上げ芯を包むようにして針を打ち、仮縫いをしてからミシンをかけます
  • 19
    後ろ中心から6.5cmのと頃に持ち手をつけます。
    3回糸を渡します。
    リバーシブルなので中の糸の幅にも注意。
  • 20
    持ち手表
  • 21
    持ち手中
  • 22
    底布より1cm小さく板を取ります。被せる布は1cmの縫い代をつけます。
  • 23
    コーナーをぐし縫いし、糸をひっぱります。芯をはずしてアイロンで押さえます。
  • 24
    板の糊面に布を貼り付けます。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

接着芯を貼ること、裏と表を作るとしっかりしたしっかりしたバックになります。
一度作ると要領がわかってくると思います。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

pasimaronさんの人気作品

「バック」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.