ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

白鳥の湖のモビール

お気に入りに保存 11人

投稿者: recette5280

白鳥の湖のモビールの作り方

このハンドメイド作品について

「ビーズのドレス人形」の応用編です。こちらの方が人形自体は簡単です。

このバレリーナを立たせるのは困難なのでモビールにしましたが、ポーズを付けてぶら下げると躍動感が出せたように思います。

材料

  • パールビーズ5mm(穴が大きいもの)
    1個
  • 丸小ビーズ
    適量
  • 丸大ビーズ
    適量
  • まが玉ビーズ
    適量
  • ワイヤー34号
    適量
  • テグス
    適量
  • ワイヤーハンガー
    1つ
  • 下地になる1.5cm幅の布
    1m
  • チュール生地
    手順11を参照

道具

  • ニッパー

作り方

  • 1
    80センチのワイヤーの端から20センチのところにパールビーズを通し、髪の毛、イヤリングの順に通していく。
  • 2
    続いて首、腕、胸、胴と通していきます。

    胸のまが玉の次には丸小ビーズを入れてください。
  • 3
    足を作ります。短いほうのワイヤーは胴のビーズに2度ほど絡めて切ります。
  • 4
    チュチュの部分を作ります。まず青のラインのビーズを通します。
  • 5
    次に別の20センチほどのワイヤーで赤のラインのビーズを通します。

    チュチュが平らになるよう、通すビーズの数は調節します。
  • 6
    今作ったチュチュの下に、もう一段同じ構造でチュチュを作ります。

    ワイヤーは目立たない位置でビーズに2度からませて切ります。
  • 7
    人形を5体作ります。(増やしても減らしてもOK)チュチュのパターンを変えても同じでもいいと思います。

    画像は手順8のパターンの人形。
  • 8
    チュチュの部分の応用。
    赤のラインを通す時は、青のラインのビーズには通さず、輪に一度巻くようにしてビーズを通しながら1周させます。形を整えながら通して下さい。
  • 9
    このチュチュの部分は輪を作る時に、ワイヤーを一つ前の輪にくぐらせ、一つ一つの輪が互い違いに重なるように編んだもの。

    図は複雑すぎて書けませんでした。
  • 10
    モビールに仕立てる時は、テグスをパールビーズに通して下さい。

    結び目がほどけやすいので、爪楊枝にボンドを付けて結び目に付け、固定してください。
  • 11
    輪のモビールの土台の作り方。

    ワイヤーハンガーを解いて伸ばし、直径15cmの輪にした後、下地として1.5cm幅に細く切った布地を巻きます。
  • 12
    その上に35cmx1mのチュールの生地を巻きつけ、内側で軽く糸でかがって固定しています。

    15cmx5cmぐらいのチュール生地4,5枚をところどころにくくりつけます。
  • 13
    テグスをつけた人形を5センチの長さの差をつけて輪にくくりつけます。テグスを針に通し、チュールを何重かすくって結びます。

    手足を曲げてポーズをとらせます。
  • 14
    輪の4箇所にテグスを結んで吊り下げられるようにする。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

腕や足を曲げてポーズをつけるので、その部分は少しだけ(1ミリほど)ワイヤーにゆとりを持たせてください。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

recette5280さんの人気作品

「バレリーナ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.