ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

リバーシブルのリング持ち手バッグ

お気に入りに保存 15人

投稿者: ゆき

リバーシブルのリング持ち手バッグの作り方

このハンドメイド作品について

アクリルのラメが入ったリングで、アップリケのバッグを作りました。
ジーンズリメイクのレトロなりんごアップリケがポイントです。

材料

  • 生地A(水玉)
    40cm四方
  • 生地B(黒無地)
    40cm四方
  • 持ち手リング
    1組
  • ジーンズ
    10cm四方
  • 接着芯(薄・アップリケ用)
    10cm四方
  • フェルト黄緑(アップリケ葉)
    小さくてOK
  • スパンコール・ビーズ
    4組
  • ボタン
    1つ
  • 手芸用わた
    少々
  • 古着で作ったヨーヨーキルト
    いくつでも
  • レース
    約35cm
  • 手芸用ボンド(貼り付ける場合のみ)
    少量

作り方

  • 1
    まずはりんごのアップリケを作ります。
    ジーンズ生地の裏に接着芯を先に貼り、手書きで書いた型紙を使ってりんごの形に切り出します。
  • 2
    りんごのツヤとしてスパンコールを縫いつけます。
    ビーズを通すとうまく縫いつけることができます。
  • 3
    アップリケを生地Bに縫いつけます。
    ※位置を端にしすぎないよう注意してください。
    残り5センチを縫い残したところで一旦止めて、立体的にするため綿を詰め、残りを縫い止めます。
  • 4
    フェルトを葉の形に切り、手芸用ボンドで貼り付けます。
    (縫い付けても構いません)
    葉の付け根にボタンを縫いつけて、アップリケの完成です。
  • 5
    生地(A・B共に)の裏、下から25cmのところにしるしをつけます。
    これが縫い止まりのしるしです。
    生地A・Bの両端をそれぞれ縫い止まりのしるしまで縫います。
  • 6
    袋状になった生地A・Bを重ねて、縫い止まりより上の部分を縫います。
    縫い止まりも画像のように縫います。
    これで二つの生地が一つになりました。
  • 7
    上部の縫い代を中に入れ、重ね合わせてまち針で止めます。
  • 8
    上部を5cm生地B側に折り、リングを包むようにしてしつけ縫いをします。
    このときのコツは生地B側にも縫い付ける位置に縦・横にしるしをつけておくと、ズレることがありません。
  • 9
    少しずつずらしながら、ミシンで縫って行きます。
    これでバッグ自体は完成です。
  • 10
    リング持ち手にレースを輪のようにかけて、そのレースにヨーヨーキルトを縫いつけます。
  • 11
    完成!
    ヨーヨーキルトの飾りは、不要な時にはクルッと中に回して隠すことができます。
  • 12
    生地B側です。
    気分に合わせてリバーシブルで使えます。
    アップリケは好きな形にしたり市販のものでもいいですね。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

リングを縫い付けるところが一番難しいですが、しつけをしっかりすれば大丈夫です。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

「リング」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.