ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ビーズ編みのバネポーチ

お気に入りに保存 22人

投稿者: nene_kino

ビーズ編みのバネポーチの作り方

このハンドメイド作品について

クロスステッチの図案をもとにビーズを編みこんだバネポーチ。
シンプルな柄、カウント数の少ない柄がおすすめです。

材料

  • #20 レース糸
    10~15g
  • 丸小ビーズ
    適量
  • バネポーチ 口金
    10センチ 1個
  • 内袋用 布
    適量

作り方

  • 1
    ◆外袋(ビーズ編み)
    レース糸#20に丸小ビーズを通す。
    レース糸の端をボンドで固めて、斜めにカット。
    直接ビーズをすくって通していく。
  • 2
    つくり目30目でスタート。
    立ち上げ1目で角までは増減なしのすじ編み。マチを作るため、角は2目に増やす。(詳細は編み図参照)
  • 3
    あとは角で増やし目しながら、ぐるぐる編んで底部分が完成。(約6段)
    マチ:だいたい2~3センチ。
  • 4
    側面を編みます。
    1段増減なしで編む。
    2段目以降は模様がでるようにビーズを編みこみながら編んでいく。
    模様が少しずつ完成するのが楽しい。
  • 5
    いい感じになったら、編み終わり3目位を引き抜き編みして編地の段差をなくす。
  • 6
    ◆内袋(お好みの生地で)
    口金と外袋のサイズに合わせて中表の状態で布をカット。
    底をわにした場合:縦24センチ×横12センチくらい
  • 7
    上側から4センチ空け、両側の縫い代を縫う。
    上側から2センチで折り返し、端0.5センチ縫い代として内側に織り込む
  • 8
    両側の縫い代を割って、口金を入れる部分を両面テープなどで仮止め。
    (ばねポーチ、丸洗いする猛者はいないだろうけど、もちろん縫いとめてもOK)
    縫い代部分をぐるっと縫う。
  • 9
    ◆仕上げ
    内袋と外袋を合わせて待ち針を打つ。
    外袋の編み終わり部分が内袋の口金縫い代を覆うようにしてまつり縫いで仕上げ。

  • 10
    最後に口金を通して完成。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

くさり編み、細編み、すじ編みができれば、ほかに難しい技法はありません。
最初のビーズ通しさえクリアできればすぐできちゃいます。
内袋の作り方、口金の入れ方等は布で作る場合と同じです。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

「ビーズ編み」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.