ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

天使のワイヤーペンダント

お気に入りに保存 113人

投稿者: 早紀

天使のワイヤーペンダントの作り方

このハンドメイド作品について

穴の開いていない天然石を固定するテクニックです。
小さな天使を作るように作り方を考えました。
よければ参考にして下さいね!

材料

  • アーティスティックワイヤー ♯26
    適量(1巻きあれば十分)
  • 天然石
    1つ ※紹介しているのは2センチ程度の石

道具

  • やっとこ道具一式

作り方

  • 1
    30~40cm程に切ったワイヤーを4本用意します。
    そのうちの一本で3本をまとめます。
    真ん中らへんで固定してください。
  • 2
    まとめた所を少し横にづらし、ワイヤーをたぶらせてから、またワイヤーを巻きます。
    この時、ふんわりとさせる程度は使用する天然石の大きさに合わせておくと良いです。
  • 3
    図のように、ワイヤーでとめた間の部分を開きます。
    端を大きく開き、真中の二つは少しだけ開くようにします。
    この籠のようなところで天然石を支えます。
  • 4
    つくった籠の部分に天然石を当てて、その形に整えていきます。
  • 5
    外側の2本で後と前、内側の2本で底を支えます。
    この状態ではまだ天然石がポロポロ落ちるので、指で石を固定しながら行うとやりやすいです。
  • 6
    横からみるとこんな感じになります。
    前後とそこをしっかりと固定するようにしてください。

    3本のワイヤーとそれを固定していたワイヤーは、図のように離しておきます。
  • 7
    離しておいた一本のワイヤー(3本のワイヤーをまとめた一本)で、上の部分をクルクルと巻いて固定します。
    しっかりと石を抑えながら慎重に行いましょう。
  • 8
    巻いたら横を見てください。
    ワイヤーが4本並んでいると思うので、その一番外側の部分を石にそうように開いてください。
  • 9
    前後ともに開きます。
    此処で石の固定が大体きまるので、しっかりと固定できるくらいまでワイヤーを開いてください。
    指で行えます。
  • 10
    前から見たとき、美しく見えるように開き方を整えてください。
    まとめてある部分をさらに強く巻き、完全に固定します。
  • 11
    束ねられたワイヤーは6本あります。それを2本づつに分けて下さい。

    この時、束ねるようのワイヤーが2本余ると思います。それはそのままにしておいてください。
  • 12
    ワイヤーを2本づつもって、それでミツアミを行ってください。
    ここの長さでチェーンや紐を通す大きさが決まります。

    画像に映っている余っているワイヤーはそのままにして下さい。
  • 13
    ある程度(3~4センチくらい)ミツアミを作ったら、それを前に倒します。
    ワッカができるようにしてください。
  • 14
    ワッカの部分を残しておいた、2本のワイヤーで止めていきます。
    クルクルと強く巻いていきましょう。
  • 15
    これから飾りを作ります。

    8本、ワイヤーが出ていると思うのでそれを2つづつにまとめて、その2本をクルクルとねじります。
  • 16
    ねじったワイヤーはこのような感じになります。

    これも指で行います。
  • 17
    左右にクルクルとねじったワイヤーを用意します。
    1つは真ん中で渦にしましょう。

    ※ねじったワイヤーの先端は、切りそろえておいてください。
  • 18
    渦はワイヤーの先端をペンチでもち、そこに巻きつけるようにして作っていきます。

    ワイヤー同士がくっついた状態にしたい場合は、ある程度したら指で形を整えます。
  • 19
    ねじったワイヤーで天使の羽を作ります。

    先ずは画像のように、くるりと一つワッカを作ってください。
  • 20
    少しずらした所に、もう一つワッカを作ります。

    穴の大きさは同じでも良いですし、二つ目を少し小さくしても可愛いです。
  • 21
    余ったワイヤーを本体に巻きつけます。
    すると羽のようなモチーフが誕生します。
  • 22
    もう片方も同じようにして羽を作ります。

    クルクルと巻いたワイヤーはよく巻きつけたら、また渦を作るなどして処理します。

    ※切らずに渦を作るなどして下さい。
  • 23
    余ったワイヤーで、最後の固定を行います。
    画像のように横にある部分に、ワイヤーを通して、上の部分に巻き付けます。
  • 24
    23の方法を何度か繰り返すと、画像のように上の部分にワイヤーが重なったものができます。
    これを作っておけば、ワイヤーから外れる心配が減ります。
  • 25
    残りのワイヤーを渦のように巻き、固定部分が見えないようにかくしたら完成です。
  • 26
    ワイヤーの飾りの部分は自由に行ってください。

    素敵なワイヤーライフを!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

難しく思えるかも知れませんが、コツを覚えてしまえばとても簡単にワイヤーアクセサリーを作る事ができるテクニックです。
何度か作っているうちに自分なりのやりやすい方法が見つかってくると思いますので、どんどんアレンジして色々な作品を作っていってみてくださいね。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

「天使」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.