ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

水筒ケース

お気に入りに保存 31人

投稿者: yuka1567

水筒ケースの作り方

このハンドメイド作品について

昨年の節電による熱中症対策のために作成した水筒ケース。
本体は細編みだけでシンプルにし、レース糸で編んだエジングとモチーフで飾りました。

材料

  • 合細程度のリネン糸
    3玉
  • 生成りの40番レース糸 
    少量
  • 縫い糸
    少量

道具

  • かぎ針5号
  • レース針6号
  • 縫い針

作り方

  • 1
    糸は2本どりにして糸端を輪にして細編みを6目編み、1段につき6目ずつ増しながら水筒の底よりも少し大きいくらい(写真のものは8段48目)まで編みます。
  • 2
    側面の1段目は筋編みにして、増減なしで好きな長さ(写真のものは60段)まで編みます。
  • 3
    持ち手は本体の縁から4目拾い、必要な長さの半分(写真のものは35段)まで編みます。
    反対側も同じように編んで、編み終わりを綴じ、本体の縁と持ち手の周囲を細編み1段で整えます。
  • 4
    レース糸でエジングとモチーフを編み、本体に縫い付けます。
    (日本ヴォーグ社の「モチ-フ・エジング300」を参考にしました。)

このハンドメイド作品を作るときのコツ

大きさはお手持ちの水筒に合わせてください。
ちなみに、この水筒は650ml入る大きめのものです。
余り糸でお揃い携帯ケースも編みました。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)
#水筒 ,

yuka1567さんの人気作品

「水筒」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.