ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

カルトナージュの基本 長方形のふた付き小箱

お気に入りに保存 57人

投稿者: studiopacot

カルトナージュの基本 長方形のふた付き小箱の作り方

このハンドメイド作品について

カルトナージュの基本的な小箱の作り方です。
この作り方さえ覚えてしまえば、どんな箱だって作れちゃいます☆

もっともっと詳しい作り方は、こちらからどうぞ。
http://studiopacot.com/cartonnage/fabric-wrapped-square-box-tutorial-vol1/

材料

  • 2mm厚紙
    底とふた:60mm×100mm(2枚)
  • 2mm厚紙
    長辺の側面:30mm×100mm(2枚)
  • 2mm厚紙
    短辺の側面:30mm×56mm(2枚)
  • ケント紙
    60mm×100mm(3枚)
  • ケント紙
    27mm×100mm(2枚)
  • ケント紙
    27mm×56mm(2枚)
  • カットクロス(50×50cmくらい)
    箱の外側と内側で2種類
  • 装飾用のビーズやリボン
    お好みで

道具

  • 定規
  • シャープペン
  • カッターナイフ
  • はさみ(布用、紙用)
  • ボンド
  • ボンドを塗る筆
  • へら
  • 目打ち(ビーズを装飾する場合)

作り方

  • 1
    厚紙とケント紙を各サイズにカットします。
  • 2
    底に側面を貼っていきます。
    まずは、長辺の断面にボンドを塗り接着します。
    その後で、短辺の断面にボンドを塗って接着します。
  • 3
    布を、箱の高さ約30mmに対して10mmずつの折りしろを加えて、裁断します。余裕をもって外周を巻ける約370mm×50mmくらいのサイズです。
  • 4
    箱の外周に、ボンドで布を貼っていきます。
    終わりの部分は、10mm程度残した状態で、余分な布をカットし、10mmをエッジに合わせて折ってから、接着します。
  • 5
    布の重なり合った部分をカットしてから、斜めにはさみを入れ、V字にカットします。
  • 6
    底に折りしろを貼ります。
  • 7
    次は、反対側ですが、手前の2カ所を底よりも浅めに挟みを入れてV字にカットします。
    蝶つがいになる部分は、図のように5mm残してカットします。
  • 8
    蝶つがいを残した状態で、他の折りしろを箱の内側に貼付けます。
  • 9
    箱の内側と外側の底に布を貼ります。切っておいた60mm×100mmのケント紙が、箱の中にすっぽり入るよう切ってから、折りしろを10mmずつ加えた布を貼り、4隅をカットしておきます。
  • 10
    箱の内側にボンドをしっかり塗り、内側の底用の布を4隅を抑えながら少しずつ底へ到達させ、接着します。
    へらを使って、角の部分もしっかりとくっつけます。
  • 11
    外側の底用の布は、折りしろを写真の様に貼ってから、箱の底に接着します。
  • 12
    次は、ふたを作ります。残っている2mm厚紙に10mmの折りしろを付けた布を貼り、STEP11のように折りしろを貼ります。
  • 13
    ふたを装飾する場合は、個々で行います。ビーズで作ったモチーフを付ける場合は、目打ちで穴をあけ、テグスを通し、紙の端切れなどを接着して置きます。
  • 14
    箱にふたを接着します。
    写真のように、紙を敷いて、蝶つがいにボンドを塗ってから、ふたを付けます。
  • 15
    今度は、箱の内側に、蝶つがいの幅に合わせて切った布を貼付け、見えてしまう厚紙を隠します。

    へらを使って、厚紙の断面部分の布が浮いてしまわないように、しっかりと接着します。
  • 16
    今度は、箱の内側の布を貼っていきます。

    長辺用に切っておいたケント紙が、すっぽりと箱に収まるように横幅を調節してから、写真のように布を貼っておきます。
  • 17
    この様に箱に貼付けます。
  • 18
    短辺も、箱にすっぽりとケント紙が収まる事を確認してから、布を貼り、折りしろをすべて折って接着してから、箱にくっつけます。
  • 19
    最後は、ふたの裏側です。
    ケント紙を少し小さめにカットしてから、写真の様に布を貼り、ふたの裏側に接着します。
  • 20
    お疲れさまでした。

    これで、小箱の出来上がり☆
  • 21
    あとは、お好みでレースなどを巻き付けて、外周を飾ってもグッドです!!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

・底やふたの裏などの生地を変えたい場合は、必要な分用意して下さい。
・ボンドは薄くムラなく全面に!
・エッジを意識して布を貼付けていくと、キレイに仕上がります。

・同じサイズの箱を使って、違うタイプのふたの作り方をブログに掲載しています。
併せてどうぞ☆ (綿入り、割ピンと紐、側面付のふた)
http://studiopacot.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

studiopacotさんの人気作品

「シンプル」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.