ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

キラキラna着せ替えサンバイザー♪

お気に入りに保存 18人

投稿者: toooc

キラキラna着せ替えサンバイザー♪の作り方

このハンドメイド作品について

オシャレな夏を迎えるべく♪
かっこ可愛いサンバイザーをかぶって元気にお出かけしませんか☆☆

フツーのサンバイザーでは物足りないので・・・

裏地も付いているのでその日の気分でリバーシブルに着せ替えてください♪

そしてそしてっ☆
キラキラnaチャーム♪をステキに着せ替えて毎日のアイテムに取り入れてみましょぅ♪

暑い夏も乗り切れるはず☆☆

材料

  • 表布(ブリム用)
    キャンパス地で1
  • 裏布(ブリム用)
    タオル地で1
  • 表布(ベルト用)
    キャンパス地で1
  • 裏布(ベルト用)
    タオル地で1
  • 接着芯(ブリム用プラ芯)
    1(厚さ1.0〜1.5㎜)
  • 接着芯(ベルト用キルト芯)
    1
  • リボンまたはバイアスなど
    適量(1.5㎜幅)
  • Dカン(なくてもOK)
    1(1.5㎜)
  • キラキラna着せ替えチャーム♪
    お気に入りを1つ
  • 《後ろが金具の場合》
    下記の通り
  • リュックカン
    1(3㎝幅)
  • 生地(リュックカン側)
    1(横12cm×縦8cm)
  • 生地
    1(横15cm×縦8cm)
  • 《後ろがゴムの場合》
    下記の通り
  • ゴム
    12㎝を1本
  • ゴム用生地
    1

作り方

  • 1
    生地をそれぞれカットし、ロックまたはジグザグミシンで端処理する。

    特に、タオル地を使う場合はきちんとしないとほつれの原因になります。
  • 2
    ブリム(サンバイザーのつば)部分を作成。

    生地を中表に合わせ、下になる部分のカーブを縫い合わせる。

    ☆実線よりも若干外側を縫う。
  • 3
    表に返しやすいように、カーブの部分を、縫い代手前を1㎝間隔ぐらいで切込みを入れる。
  • 4
    表に返したら、ぷかぷかしてしまいやすいので、アイロンをあてるといいです。
  • 5
    チャーム用の留め金を作ります。
    リボンまたはバイアスを3㎝ぐらいにカットし、Dカンを通してブリムに仮止めする。

    ☆仮止めは、縫い代外側に近い場所にすると縫い目が見えずキレイです。
  • 6
    Dカンがない場合はリボンまたはバイアスのみでOKです。

    その場合、チャームの金具が留まる幅で選び、長さもプラス5ミリぐらい長めに輪にして下さい。
  • 7
    チャームの位置はお好みですが、実際の使用時に邪魔になってしまうとかぶらなくなるので、目にかからない場所にして下さい。

    また、チャームの長さもあまり長すぎるのはオススメしません。
  • 8
    ブリム用のプラ芯をカット。
    縫代はいりません。
    実線でカット。
    1.0㎜~1.5㎜ぐらいの厚さがお勧め。
    メーカーによって同じ厚みでも感じが違うのでお気に入りを見つけてください♪
  • 9
    アイロンをかけて形を整えたら、ブリム用のプラ芯を入れる。
  • 10
    プリムの硬さが気になる場合は、プラ芯とは別に、キルト芯をカットしてプリムへ入れて調節してみてください♪
  • 11
    プラ芯を入れた状態で、2本ぐらいを飾り縫いする。

    特になくてもいいですが、ぷかぷかしなくなり強度が増すので。

    間隔をキレイに縫うこと。
    最初から最後まで一気に縫う。
  • 12
    girls用はレースやポンポンフリンジなどお好みでつけると可愛いです♪

    プリム側につける場合はこの時点で、ベルト側の時はプリムと接着する前にお好みでつけてください。

  • 13
    ベルト部分とブリム部分を縫い合わせる。

    ベルト用の生地を中表に合わせ、真ん中にブリムを挟みます。
    ベルト裏布→ブリム→ベルト表布
    の順に重ねる。
  • 14
    順番に合わせた状態。

    プリムが挟んである、真ん中部分のみまず縫い合わせます。
  • 15
    縫い合わせたら、表に返してみて、縫い代が見えるようなら、再度裏にあわせて内側を縫う。

    縫い代がどのぐらい見えていたかを考えて縫うこと。
  • 16
    ブリムとベルトを合わせたら、
    中表にしたまま、ベルトの両端(下部)を縫い合わせる。

  • 17
    余分な部分は縫代から5mmぐらい残してカットする。

    表に返したときにゴアゴアしません。
  • 18
    ベルトを表に返して、5ミリぐらいのところを一気に縫い合わせる。

    この時、裏布の縫い目があらくならないように注意。
  • 19
    ベルト部分の上部を縫い合わせる。

    裏表各1㎝の縫い代を中に入れ、縫う。
    この時、ベルト用のキルト芯も挟むこと。
  • 20
    こんな感じで縫いあがります。

    次は後ろ部分を作っていきます。

    いろんなやり方がありますが、リュックカン仕様と、ゴム仕様で記載しますね♪
  • 21
    ☆リュックカンの場合☆
    ゴムもいいのですが、リュックカンで微調節できる方がしっくりくるし、ちょっとオシャレにできますょ♪

    ☆左右のつけ方はお好みでつけて下さい。
  • 22
    生地をカットしたらロックまたはジグザグミシンで端ミシン処理をする。
  • 23
    半分に生地を折り、縫い合わせます。

    長い方のみを縫い合わせ、表に返す。
  • 24
    《右後ろ側部分に》
    端は縫代分中に入れ、縫い合わせる。

    この時、レースなどお気に入りを挟み込んでもステキですね♪

    生地は長い方を使います♪
  • 25
    先ほど作成した物を、本体右端にはさんで縫い合わせます。
    縫いにくい場合は手縫いで。

    ベルトの縫い合わせ部分は下にすること。

  • 26
    《左後ろ側部分に》
    リュックカンを通します。
    真ん中の金具の部分に、生地を挟み込みます。
    この時、縫い合わせ部分は下にすること。

    また、生地は短い方を使います♪
  • 27
    リュックカンを通し布を半分に折る。
    グラグラしないように金具から5~10mm外側を縫い留める。
    押さえができる位置でOK。
    縫幅が気になる時ファスナー押さえや手縫いで。
  • 28
    左後ろ側部分も右後ろ側部分同様、本体の左側に挟んで縫いとめます。
    やり方は同様です。

    これでリュックカン側に通し、完成♪

    右→左→右で通すとギュッとなります。
  • 29
    ☆ゴムの場合☆
    リュックカンがない場合にオススメです。

    お手軽にできますょ☆☆

    まず、生地をカットして端処理をします。
  • 30
    表に返してゴムを通し、片方をしっかりと縫いとめます。
  • 31
    それぞれ中表に半分に折り、上から1cm位のところを縫い合わせる。
  • 32
    生地にギャザーを寄せて、もう片方のゴムも端で縫い合わせます。
  • 33
    後はそれぞれ、サンバイザー本体のベルト部分に縫い合わせて完成。
  • 34
    後ろの部分は表地と共布でつくりましたが、生地の柄が1方向の柄の場合、縫い合わせると柄が回転してしまうので、その場合は、裏地か別の布で後ろの部分を作成するといいです。
  • 35
    コレで完成♪

    プリムを少し大きめにしてサイズをかえると親子でおそろいも可愛いですね♪
  • 36
    チャームレシピも満載です♪

    http://atelier.woman.excite.co.jp/gallery/u_toooc2/

このハンドメイド作品を作るときのコツ

プリム芯はなるべく1.0mm~1.5㎜ぐらいがいいと思います。
薄手の芯を使う場合はキルト芯をプラスして、レシピの生地のような厚手の生地をお使い下さい。
薄手の生地をご利用の場合は、必ずプリム芯は厚手にしたほうがいいです。
お好みで選んでみてください♪

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

tooocさんの人気作品

「サンバイザー」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.