ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

窓付き封筒でマチ付きラッピング袋

お気に入りに保存 14人

投稿者: 封筒研究所

窓付き封筒でマチ付きラッピング袋の作り方

このハンドメイド作品について

事務用の窓付き封筒を利用した、マチ付きのラッピング袋です。封筒の大きさや、マチの幅、袋の高さを変えると色々なサイズの袋ができます。マスキングテープで飾れば、事務用封筒がオリジナルのラッピング袋に変身します。
■窓付き封筒・丸タックのご購入はSAKURA TERRACEの店頭でもできます>>>http://www.yamazakura.co.jp/sakuraterrace/

材料

  • 窓付き封筒(このレシピでは角8を使用)
    1枚
  • お好みのマスキングテープ
    お好みで
  • 丸タック(シール)
    1組

道具

  • 定規
  • カッター
  • はさみ
  • ピンキングばさみ
  • シャープペン
  • 両面テープ

作り方

  • 1
    マチになる部分の折るところに印をつけます。
    左右と底を、同じ幅で折ると、きれいなマチができます!
    (写真は、4cmのマチを作る場合)
  • 2
    裏面にも印をつけます。
  • 3
    印に沿って折り筋をつけます。
    カッターの刃の脊の部分を使い、①でつけた印をなぞり、折り筋をつけていきます。
    力を入れすぎると、封筒が切れてしまうので、注意!!
  • 4
    マチの部分を立体的にしていきます。
    先にタテの筋を折り、底を折ります。
    タテの筋は、封筒のもともとの折り目を谷折りに、印をつけた筋は山折りにします。
  • 5
    底の部分を作ります。
    三角の部分に両面テープを貼り、底にとめます。
  • 6
    袋の高さを決めます。
    フタの部分を、中に入れる物の高さに合わせて折ります。
  • 7
    フタの長さを決めます。
    封筒の口の部分を、ピンキングばさみで、ギザギザに切ります。
    普通のはさみでもOKですが、ピンキングばさみで切ると、よりかわいい袋になります。
  • 8
    好きなマスキングテープで飾ります。例えば、こんな感じ。
  • 9
    タックのシールを貼る。
    ひもがついている方を、フタになる部分へ、もう片方は袋の胴体へ貼ります。
  • 10
    ひもの先に、マスキングテープを三角を形作りながら貼ると、かわいいアクセントに!
  • 11
    完成!!
  • 12
    裏側

このハンドメイド作品を作るときのコツ

マチの幅をしっかりと測り、切る、貼るなどを真っ直ぐにすると、キレイに仕上がります。買い物をしたときにお店でもらう紙袋などのマチの部分を見ながらつくると、構造がよくわかって簡単につくることができます。また、お好みのマスキングテープで、素敵にアレンジすると色々な柄のラッピング袋ができます。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

封筒研究所さんの人気作品

「封筒」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.