ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ぴったりサイズで! お弁当袋の作り方

お気に入りに保存 121人

投稿者: * Yuko *

ぴったりサイズで! お弁当袋の作り方の作り方

このハンドメイド作品について

マイお弁当箱にぴったりサイズのお弁当袋がほしい。
そんな時は探すより作る方が早いかもです。
ご希望のサイズで作れるようにガイドしていますので、是非作ってみてね。

材料

  • 本体用布
    約50×30cm
  • 底部分用布(切り替えデザインの場合)
    約25×30cm
  • 約140cm
  • 布にあったミシン糸
    適宜

作り方

  • 1
    【準備1】
    お弁当箱のサイズを測り、上図を参考に出来上がりの寸法を決めて裁断してください。

     縦=お弁当箱の短い辺
     横=お弁当箱の長い辺
     高さ=お弁当箱の高さ
  • 2
    【準備2】
    布の端はロックミシンをかけるか、ジグザグミシンをかけておいてください。
  • 3
    【準備3】
    切り替え部分にタグなどを付ける場合は、この時点で縫い付けておいて下さい。
  • 4
    【底部分を本体に縫い付ける1】
    底部分の布の上下の端を数ミリずつ裏に折り込み、本体用布の表側中央に置き待ち針をつけてください。
  • 5
    【底部分を本体に縫い付ける2】
    底部分の上下の端を、端から2ミリくらいの部分にミシン掛けして縫い付けます。
  • 6
    【本体の脇を縫い合わせる】
    本体を中表に半分に折り、縫い代1cmで両脇を縫い合わせる。
    縫い止まり位置は、仕上がりの上端から5cm下の部分です。
  • 7
    【マチを縫う1】
    中表のまま、前のステップで縫った脇が中心になるように脇を割って開き、マチ(=図の黄色い破線部分)を縫う。
  • 8
    【マチを縫う2】
    マチを取って不要になる部分を切り落とす。(ほつれないように、ジグザグミシンかロックミシンをかけておく。)
  • 9
    【紐通し口を縫う1】
    両脇の縫い止まりから上の部分を縫い代を割って、図の黄色い破線の部分を縫う。
  • 10
    【紐通し口を縫う2】
    中表のまま、図のように本体上端を三つ折りにし(最初に1cm幅で谷折りにし、さらに2.5cm幅で谷折りにする)、黄色い破線部分を縫う。
  • 11
    【紐を通す】
    本体を表に返し、2本の紐を図のように左右の入れ口から互い違いに通して、端を結んだら完成です。
  • 12
    紐の端は結ぶだけでなく、市販のループエンドを使ったり、余り布を巻き付けてほつれ止めしてもいいです。(図のチューリップ型のループエンドは、切り取ったマチの不要部分を活用しました。)

このハンドメイド作品を作るときのコツ

このデザインは、底の部分が二重になるので、少ししっかりします。
もちろん、切り替えなしにしてもいいですし、切り替え部分は布を継ぎ合わせる形にして作っていただいてもいいと思います。
ほぼ同じですがブログもよかったら見てね↓
http://ameblo.jp/handmade365/entry-11201775070.html

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

* Yuko *さんの人気作品

「お弁当袋」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.