ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

メガネケース

お気に入りに保存 31人

投稿者: *chebrose

メガネケースの作り方
メガネケースの作り方
メガネケースの作り方

このハンドメイド作品について

最近始めたカルトナージュで
メガネケースを作ってみました。

ふたはマグネットボタンでカチッと止まるようにしています。

2012.3 UP

◆できあがり寸法  縦:約7cm 横:約14.5cm 7高さ:約4cm

材料

  • カルトン(2mm)
    資料参照
  • ケント紙
    資料参照
  • 布(無地)
    資料参照
  • 布(柄)
    資料参照
  • マグネットボタン
    直径1.5cm

道具

  • カッター
  • カッターマット
  • はさみ
  • 定規
  • ハケ
  • ヘラ、モデラー
  • グルー(または水溶きボンド)
  • 水張りテープ
  • スポンジ

作り方

  • 1
    資料の通り、カルトン、ケント紙、
    布をカットします。
  • 2
    カルトンAの長側面に、
    BとCを貼ります。

    水張りテープを外側・内側の
    両方にはって、カルトン同士を
    しっかりとめます。
  • 3
    手順2と同様に、カルトンDを
    短側面にはり、箱を作ります。
  • 4
    箱の周囲(カルトンB、D、C、D)
    にグル―を塗り、
    箱側は1.5cm、底側は1cmの
    のりしろをとって、布をはります。
  • 5
    貼り終わりは1cm内側に折り、
    貼り始め1cmの部分に重ねます。

    ※布の色が違ってスミマセンw
  • 6
    のりしろ布の角の処理をします。

    画像のように、布の2辺を押さえ、
    浮いている三角部分の布を
    ハサミでカットします。

    ※布の色が違ってスミマセンw
  • 7
    箱の底に、のりしろ布を
    内側に折って貼ります。
  • 8
    カルトンCのへこみ部分の
    のりしろ布は、
    画像のように切れ込みを入れ、
    手順6の通り角の処理をします。
  • 9
    箱の内側に、のりしろ布を
    折って貼ります。
  • 10
    ケント紙aに布を貼り、
    のりしろ布の角の処理をします。
    (のりしろは5mm)

    のりしろ布は4辺とも貼らずに
    画像のように折れ線をつけます。
  • 11
    ケント紙b、c1、c2(×2枚)も同様に
    布を貼ります。

    b、c1は、上下の辺のみのりしろ布をはります。

    c2は、それぞれ左右1辺のみ残して、のりしろ布をはります。
  • 12
    ケント紙dも同様に布を貼ります。

    のりしろ布は、4辺すべてを
    内側に折って貼ります。
  • 13
    ケント紙eの中央に、
    マグネットボタンのつめが通るように
    切れ込みを入れます。
  • 14
    ケント紙eを、布の上から1cmの
    ところに貼り、布にも同様に
    つめの切れ込みを入れます。

    ※布の色が違ってスミマセンw
  • 15
    マグネットボタンのつめを、
    布とケント紙の切れ込みに通します。

    ※布の色が違ってスミマセンw
  • 16
    ①マグネットボタンのつめを倒し、
    ②金属部分が隠れるように
      水張りテープを貼ります。
    ③その上にカルトンEを貼り
    ④角の処理をして、
      のりしろを貼ります。
  • 17
    ケント紙aを、箱の内底に貼り、
    のりしろ布は側面に貼ります。
  • 18
    マグネットボタンのついた
    カルトンEを、
    ボタンがへこみ部分の中央に
    くるように、Cの内側に貼ります。
  • 19
    ケント紙bをカルトンBの内側に
    貼ります。

    左右ののりしろは側面に貼ります。
  • 20
    ①ケント紙c1を、カルトンEの内側に
    貼ります。
    左右ののりしろは、Eの厚み部分も含めて、側面に貼ります。

    ②c1の左右に、c2を貼ります。
  • 21
    ケント紙dを、カルトンDの内側に
    貼ります。

    これで箱本体の完成です。
  • 22
    カルトンF1、F2(ふた)、G(背)、
    H(外底)を、画像のように
    5mm間隔で布に貼ります。
    (のりしろは1.5cm)
  • 23
    F1部分の布は、画像のように
    角の処理をします。
  • 24
    のりしろをすべて内側に折って
    貼ります。

    5mmの溝にも、ヘラなどで布を
    落とし込んで、しっかりと貼ります。
  • 25
    布に水張りテープをはり、
    左右1cmを内側に折って
    ちょうつがい布を3本作ります。
    (寸法などは資料参照)
  • 26
    カルトンの溝に、ちょうつがい布を
    貼ります。

    ヘラなどで溝部分にしっかりと
    落とし込んで貼ります。
  • 27
    箱本体の底と、外底H、
    箱本体の側面Bと、背Gを
    それぞれ貼り合わせます。

    重しなどをのせて
    しっかりと接着させます。
  • 28
    ケント紙f1に、手順13~15と同様に
    布を貼り(f1は布中央に貼る)、
    マグネットボタンの切れ込みを入れます。

    画像のように角の処理をして
    のりしろを貼ります。
  • 29
    手順16①②と同様に、
    f1にマグネットボタンを通し、
    金属部分に水張りテープをはります。
  • 30
    ケント紙f2に布を貼り、
    角の処理をしてのりしろを貼ります。
  • 31
    ケント紙f1、f2をそれぞれ
    カルトンF1、F2の内側に貼れば
    メガネケースの完成です。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

まだまだカルトナージュを始めたばかりなので、やたらと工程が多くなってしまいました…

マグネットボタンはスムーズに開閉できるよう、ふた側につける際、付け位置をよく確認しながら作業するとよいと思います。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

*chebroseさんの人気作品

「カルトナージュ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.