ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

あみぐるみをヘアゴムに仕立てる際のちょっとした提案

お気に入りに保存 143人

投稿者: emi-cho

あみぐるみをヘアゴムに仕立てる際のちょっとした提案の作り方

このハンドメイド作品について

小さ目のあみぐるみを作って、ヘアゴムにくっつける時のやり方をどうしたもんかと、試行錯誤。

これはいいかも?と思える案があるので書いておきますね。

材料

  • だいそーのくるみボタン22ミリ
  • ヘアゴム(細めの物)
    1

道具

  • ペンチ

作り方

  • 1
    ここにはパンダあみぐるみの作り方はありません。
    タイトルのとおり、あみぐるみをヘアゴムにする際の、ゴム仕込み方を書きます。
  • 2
    毛糸はハマナカのピッコロ、かぎ針3号であみぐるみを作りました。


  • 3
    大きさは3.5×3.5センチです。ヘアゴムとしては少し大きいとは思うのですが
    これ以上小さくすると、私の手ではかわいく仕立てられませんでした
  • 4
    ゴムが伸びてしまっても、新しいゴムに取り換えられるよう、
    くるみボタンを埋め込み方式にしました。

  • 5
    だいそーの、22ミリのくるみボタンを使用。もっと小さいあみぐるみの場合は、丸くハサミで適当な大きさに切ってください。
  • 6
    四角や三角だと角がはみ出す可能性があります。手を切らないように要注意。

  • 7
    あみぐるみを途中まで編んだら、くるみボタンの位置をまち針でマークします。
    (小さな事ですが、くるみボタンの少し持ち上がったふちをペンチで倒しています)

  • 8
    あみぐるみの中に入れて、編み目と編み目の間からゴムを通す部分を出します。

  • 9
    内側を覗き込むと、こんな感じです。

  • 10
    あとは通常のあみぐるみのように作って行きます。

  • 11
    ゴムを通しにくかったら、細い毛糸や縫い糸をヘアゴムにかけて、針に通してぐいーっと引っ張ってください。

  • 12
    この状態で、左側の小さな輪の中に、右側を入れます。

  • 13
    ぎゅーと引いて、
  • 14
    完成です!

    もちろん、1本の長いヘアゴムを適当な長さに切って通し、結んでもいいと思います。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

毛糸やかぎ針の太さによって、編地の厚さが変わってくるので、一例としてご覧ください。

くるみボタンは安く手に入るし、丈夫なのでいいかなーと思います。

よかったらやってみてくださいね。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

emi-choさんの人気作品

「あみぐるみ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.