ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

まちつき紙袋

お気に入りに保存 34人

投稿者: R-H

まちつき紙袋の作り方

このハンドメイド作品について

いらなくなったカタログの写真の素敵な部分とか、使用済み包装紙などの再利用に使っています。
作り方をご存じの方もたくさんいらっしゃると思いますが…。
写真がところどころぼけちゃってるんですけど、すみません。

材料

  • 雑誌、カタログ、包装紙など
    下に詳しく表示

作り方

  • 1
    紙の大きさは、出来上がりに対して、
    縦1.5倍
    横3倍
    くらい必要です。
  • 2
    まず、表にしたい面を内側にして、内側に折ります。
    この時のりしろ1センチくらい重なるようにします。
  • 3
    次に裏返して、”まち”したい幅の半分の長さ分、内側に折り込みます。
    この時、下になっている部分(2で折った部分)は折らずに、表に出します。
    今回、折り目は1.5㎝くらいです。
  • 4
    こんな感じ。
  • 5
    左右に飛び出している部分を、3で折った下の方の折り目にあわせて、内側に折ります。
  • 6
    切り口がきれいな方を開いて、のりづけします。
    あまりたくさんつけるとはみ出して、袋が開かなくなるので気をつけてください。
  • 7
    くっつけました。
  • 8
    次に、袋の底辺にしたい場所から、まち幅の半分の長さ上の方に折り目をつけます。
    今回は、英文の大きい文字の部分は表に出したいので、その1.5センチくらい上から折ります。
  • 9
    今回はわかりやすいように、鉛筆で点線を書いてみました。
    点線の1.5センチ下が袋の一番下の部分になります。
    裏から見て、谷折り。
  • 10
    ここで余分な部分はカットします。
    折り目から、まち半分の幅の3倍の長さで十分です。
    カットしたくない場合は、下から3倍の長さの部分で折ります。
  • 11
    折った部分を開いていきます。まちの部分を三角につぶします。
  • 12
    つぶした後、横から見たところ。
  • 13
    左右をきれいにつぶします。
    折り目を中心にしっかりそろえるのがポイントです。
    ここがずれるときれいな形になりません。
  • 14
    角を合わせながらきれいに折り上げます。
  • 15
    上も同じ様に折り下げます。
    (写真はちょっとずれちゃってますが…。)
  • 16
    上になっている方を、青で三角に塗った部分の、尖った所、紙が重なっている部分から、内側に折ります。
  • 17
    こんな感じ。
  • 18
    そうしたら、赤で塗っている部分にのりをつけて貼り付けます。
  • 19
    貼り付けました。
  • 20
    表に返しました。
    一応これで出来上がりです。
  • 21
    ちょっと縦長すぎるので、上の部分をカットしてみました。
    ナミナミばさみ。
  • 22
    出来上がって広げてみると、折り線より1.5㎝下に袋の底辺が来ているのがわかります。
    この部分だけを念頭に入れておれば、好きな面を袋の中心に持ってくることが出来ます。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

とても簡単なのですが、出来上がりの大きさがイメージしにくいので、いくつか作ってみてください。作っていくうちに、どこをどうしたら大きさが変わる、形が変わる、というのがわかってくると思います。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

R-Hさんの人気作品

「紙袋」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.