ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

蛤雛

お気に入りに保存 11人

投稿者: koufukunanemuri

蛤雛の作り方

このハンドメイド作品について

愛する人と生涯を共にできるようにという願いをこめて,娘が生まれたのを機に作ってみました。

材料

  • 蛤の貝殻
    2セット
  • ちりめんのはぎれ
    適量
  • 1mmのアジアンコード(赤,青)
    適量
  • 和紙(黒,白)
    適量

道具

  • 木工用ボンド
  • グルーガン
  • チーク

作り方

  • 1
    蛤の殻を2枚に離し,きれいに洗い,よく乾かす。
  • 2
    片方の上側に白い和紙を,扇型に切り,木工用ボンドで貼り,顔にする。
    乾いたら,黒い和紙をL時型に切り,木工用ボンドで貼り,髪の毛にする。
  • 3
    襦袢にする色(今回は白)を張る部分より,少し大きめの半円状に切り,直線部分を5mmほど折り,貝の向かって左下半分に貼る。
    同じものを,着物の合わせになるように,右下半分に貼る。
  • 4
    今回は,白→クリーム色→サーモンピンク→花柄(赤)の順に重ねて貼りつける。
    はみ出している布は,一番上の布以外は,貝と同じ大きさに切り,一番上の布は貝の内側に折り込んで,貼る。
  • 5
    反対側の貝には,一番上のちりめんを貝より少し大きめに切り,ボンドで貼りつける。
    あまった布は,貝の内側に折り込んで,貼る。
  • 6
    2つの貝の縁にグルーガンを付け,2つの貝を貼りあわせる。
    このときあふれた,グルーが乾く前に,貝の縁に,アジアンコードを巻きつけ,貝のとがっている部分でリボン結びにする。
  • 7
    お雛様には,チークを麺棒に付け,ほほを少し赤くする
  • 8
    お内裏様はこちら。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ちりめんを貼るときは,下のボンドが乾いてから貼ると,下のボンドが染み出さず,きれいに貼れます。
貝の内側に,布を折り込むときは,縦に切り目を入れると,きれいに貝の曲線に沿って折り込めます。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

koufukunanemuriさんの人気作品

「はまぐり」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.