ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

基本の箱 トレー

お気に入りに保存 50人

投稿者: lierre818

基本の箱 トレーの作り方

このハンドメイド作品について

小物入れとして、長方形のトレーを作りましょう。(サイズ:8.4×16×5cm)
基本の箱の作り方をマスターすれば、サイズ違いの箱が作れるようになります。

材料

  • カルトン 2mm厚 底
    8×15.6cm  1枚
  • カルトン 2mm厚 短側面
    5×8cm  2枚
  • カルトン 2mm厚 長側面
    5×16cm  2枚
  • カルトン 2mm厚 台座
    9.5×17cm  1枚
  • ケント紙 内底
    7.9×15.5cm  1枚
  • ケント紙 内短側面
    4.5×7.8cm  2枚
  • ケント紙 内長側面
    4.5×15.5cm  2枚
  • 生地
    2種類

道具

  • 定規
  • はさみ
  • カッター
  • カッターマット
  • 刷毛
  • ボンド
  • ヘラ
  • クラフトテープ

作り方

  • 1
    箱を組み立てます。
    ①底+短側面

    底の短側面側、カルトン厚み部分にボンドを付けて、短側面を垂直に貼る。
  • 2
    短側面を付けたら、接続部分にクラフトテープを貼る。
  • 3
    ②長側面を貼る。

    底+短側面のカルトン厚み部分にボンドを付けて、長側面を貼る。

    接続部分にクラフトテープを貼る。

    箱の組み立てが完成。
  • 4
    外側の生地を貼る。

    外側面生地
     8×52cm 1枚

    短側面から巻き始め1cmのりしろを出して1周貼り、巻き終わり1cmのりしろを内側へ入れて角に合わせて貼る。
  • 5
    箱裏 のりしろを貼る。

    画像のように四隅はさみを入れ、斜めにカットして、のりしろを4面貼る。
  • 6
    角の処理

    カルトン厚みにそって切り込みを入れる。
    片側も同じようにはさみを入れる。
  • 7
    四隅ともコの字型にカットする。
  • 8
    のりしろを長側面→短側面の順番に内側へ貼る。
  • 9
    内底を貼る。

    内底生地
     10×17.5cm 1枚

    内底用のケント紙に生地を貼り、のりしろ角を直角にカットする。
  • 10
    内底を箱本体に、のりしろを立ち上げて貼る。
  • 11
    内側 長側面を貼る。

    長側面 生地
     6.5×17.5cm 2枚

    内長側面用のケント紙に生地を貼り、のりしろをカットする。
  • 12
    内側 短側面を貼る。

    短側面 生地
     6.5×10cm 2枚

    内短側面用のケント紙に生地を貼り、のりしろをカットする。
  • 13
    内長側面→
     上下のりしろを貼る。

    短側面 →
     4面のりしろを貼る。
  • 14
    内側面を本体へ貼る。

    内長側面から箱本体の内側へ貼る。
    内短側面も同様に貼る。
  • 15
    台座を作る。

    台座用生地
     12.5×20cm 1枚

    台座用カルトンに生地を貼る。
    四隅3mmほど外側を斜めにカットして、のりしろを貼る。
  • 16
    箱裏にボンドを付けて、5mmほど台座が外側に出る位置に台座を貼る。
    しばらく重しをする。

    完成

このハンドメイド作品を作るときのコツ

内短側面のケント紙は、生地を貼る前に、箱本体内側に入れてみて、緩みを確認してから生地を貼ってください。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

lierre818さんの人気作品

「カルトナージュ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.