ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ウッドビーズ de 金太郎

お気に入りに保存 6人

投稿者: ちりん屋

ウッドビーズ de 金太郎の作り方

このハンドメイド作品について

 ウッドビーズでおひなさまを作ったので、ここはやっぱり金太郎さんも、ってことで作成。
男の子ひとりは寂しいので、いろいろ付け足しの飾りをたくさん作ってあげて下さいね。

材料

  • ウッドビーズ 球
    直径 1.8センチを1個
  • ウッドビーズ 円錐
    高さ2センチを1個
  • フェルト 黒、肌色、赤、緑
    適宜
  • 端切れ
    2×2センチ
  • 金色の紐
    適宜
  • 針、糸、ボンド
    適宜
  • 飾りに必要な物
    適宜

作り方

  • 1
    黒のフェルトを5センチ×2センチに切り、端を並縫いする。

    初めの玉止めに裏から針を入れて戻り、しっかり引き絞って玉止め。
    ひっくり返す。
  • 2
    ビーズの綺麗な面、顔の前になる部分を決める。

    後頭部の部分にボンドをつけ、縫い縮めたところが後ろ下になるように髪をかぶせる。
  • 3
    端切れ2×2センチを円錐の真ん中に、5ミリほど出るようにしてボンドで貼る。

    細かく縦に切れ目をいれ、布の裏にボンドを薄くつける。

  • 4
    布を竹串で穴の中へ入れこむ。
  • 5
    肌色のフェルトを4.5×6センチに切る。

    中心に小さく切れ目を入れ、ほんの少しだけ丸く切る。
  • 6
    ボディの首からフェルトをかぶせ、伸ばすようにして着せる。

    腕の下、脇、裾をカットし、ボンドで前後を貼る。
  • 7
    赤のフェルト2.5×2.5センチに切り、首もと、左右をボンドで止める。

    首の余分な部分をカットする。
    (足元はそのままでもいいし、気になればカットしてもいい)
  • 8
    頭を胴体にボンドで付ける。

    金の紐を切って腹掛けにつける。

    5.5×5.5センチの金の折り紙で兜を折る。
  • 9
    つまようじと茶のフェルトで「まさかり」を作り背中に貼り、端切れで「鯉」を作る。

    土台は、7センチ円状のフェルトの下に厚紙を貼り、人形をボンドで貼る。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

<3>と<4>の作業は、しなくても差し支えはないと思います。

金太郎さん、赤の腹掛けだけでは寂しいので、いろいろと工夫してみて下さい。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

ちりん屋さんの人気作品

「ウッドビーズ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.