ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

ニットのくるみボタン

お気に入りに保存 46人

投稿者: K Katayama tricot

ニットのくるみボタンの作り方

このハンドメイド作品について

編み込みの編地を可愛いくるみボタンに仕立てました。
布地ではよくあるけれど、ニットだと珍しいと思います。

材料

  • 中細毛糸 各色
    各1玉あれば十分
  • 27mm幅くるみボタン
    各量
  • 接着芯
    適量

道具

  • 棒針(中細に合うサイズ)
  • 綴じ針
  • アイロン
  • 木槌
  • ハサミ
  • くるみボタンをはめ込むための台など

作り方

  • 1
    棒針で編み込み模様を編みます。
    これは輪でグルグルと編んだもの。
    4個のくるみボタンを作る場合は、約20〜30cm幅で、高さ約10cm〜15cmになるよう編みます。
  • 2
    こちらは棒針で往復編みした編地です。
    なるべく細かくて、単純な模様がお勧めです。
  • 3
    1の輪で編んだものは、編み始めをハサミでカットします。
  • 4
    裏に接着芯を貼り、カットします。(くるみボタンを購入された時に、カットサイズの台紙がついていので、それに合わせてカットします)
  • 5
    カットした編地をくるみボタン製作台にセットします。
    編地が厚いと裏がはまらないので、セットした時点で少し周りをカットします。
  • 6
    はめ込む部分にボンドを塗り、セットします。
    布地だとちょっとした力ではめ込むことができますが、ニットの場合は力がいるので、はめ込む部分に台になるものを置き、木槌で叩きます。

このハンドメイド作品を作るときのコツ


●編地が厚いと裏がはまらないので、なるべく中細の糸で編んでください。
また、くるみボタンを制作する時に編地が引っ張られるので、できるだけキツめに編んでください。
●くるみボタンも、なるべくきちんとはめ込めることが出来るものを選んでください。
●木槌で叩くときは台を必要としますが、ボタン部分が穴の開いた物(例えばペットボトルのキャップや、ミシン糸など)を使用するといいです。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

K Katayama tricotさんの人気作品

「ニット」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.