ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ノスタルジックな花柄のヘッドドレス

お気に入りに保存 29人

投稿者: molindaupaupa

ノスタルジックな花柄のヘッドドレスの作り方

このハンドメイド作品について

帽子ではなく、まさにヘッドドレスのようなものを娘たちに作ってやりたくて、型紙を起こして、作ってみました。かわいい花柄の生地を見つけたら、余分なものは要りません。たった35cmの生地で作れます。ノスタルジックな秋の季節にぴったりです。

材料

  • 表地
    35cm角
  • 裏地
    35cm角
  • 2cm×100cm
  • iinn4オリジナル型紙
    1セット

作り方

  • 1
    生地をバイアスに置き、型紙を置いてチャコなどで印し、5mmの縫い代を付けて裁断する。
    表地も同様にする。

  • 2
    表地、裏地共に裁断出来ました。私は紐を縫いましたがリボンなどを使われても良いでしょう。この時、きちんと三枚をテーブルに置き、右から1.2.3と順番を決めます。
  • 3
    紐の生地を縫います。四つ折りにして端にミシンをかけますが、待ち針などで止めずに縫う方が綺麗に縫えます。
  • 4
    表地の1と2を中表にし、両端と中心を待ち針で止めます。丸みがあるので、待ち針が打ちにくいですが、中心と端の待ち針の中心に、また針を打ち、均等に打って行き、縫います。
  • 5
    縫ったら縫い代をそろえてカットし、ミシン目まで届かないように切り込みを入れます。
  • 6
    1と2がつながったら、2の部分に3を付けます。同じように両端と中心に待ち針を打ち、その中心、また中心と均等に待ち針を打ち縫います。
  • 7
    同じように縫い代を始末し、切り込みを入れたら、縫い代を手で割ります。
  • 8
    表に向けるとこんな感じに三枚が合わさりました。
  • 9
    裏地も表地と同じ手順で縫います。
  • 10
    中表にし、二枚を待ち針で止めて合わせます。返し口を残し、ぐるりと縫います。
  • 11
    縫えたら、縫い代をそろえてカットし、切り込みを入れたら、縫い代を表地の方にたおして、キセをかけます。アイロンを使いましょう。
  • 12
    ひっくり返すと、ほぼ、完成に近くなりました。返し口をまつります!
  • 13
    縫っておいた紐を半分に切ります。リボンなどで代用される方も1mを半分に切ってください。
  • 14
    ヘッドドレスの1の全面部の端に紐を縫い付けます。リボンの端を上向きに置き、縫えたら、下に向けて、縫い止めます。
  • 15
    表に糸が出ないようにしっかりと縫いましょう。
  • 16
    紐の端をクルクル小さく巻いて、これもかがって縫い止めます。もう一方も同じように縫い止め、端を丸めてかがります。
  • 17
    完成しました!
  • 18
    早速、ヘッドドレスを付けてみました。水玉にしたり、生地の感じで雰囲気が変わりますね。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

丸みがある分、縫うのが難しそうですが、印をつける時に中心の合い印をしっかりしておくと、意外に簡単に待ち針が打てます。必ず、待ち針は両端を止めてから中心、、、よろしければ、ブログを御覧ください。様々な角度のヘッドドレスをアップしました。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

molindaupaupaさんの人気作品

「ヘッドドレス」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.