ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

おてだま

お気に入りに保存 26人

投稿者: aco

おてだまの作り方

このハンドメイド作品について

敬老の日用に、古い着物をほどいた端切れで作ったお手玉。
和やアジアンのインテリア小物にもいいかも♪
季節感のある色で、お月見と、お正月用に、追加したいアイテムです。
もちろん、持ち歩けるかわいい遊び道具としても使って欲しいです。

材料

  • 布A/B(お手玉1コ分量)
    9cm×4.5cm A/B各2枚
  • あずき(お手玉1コ分)
    40g

作り方

  • 1
    A/B各2枚の布を、図のように交互に並べ、接した辺を縫い合わせて行きます。
  • 2
    縫い代は、3mmくらいとればいい感じです。
    あまり気にせず、1辺ずつ縫って行きましょう。
  • 3
    図面を参考に、十字に縫った横の1辺ずつを順番に縫ってゆきます。
    一カ所だけ、縫わないでおきます。ひっくり返して、あずきをいれる穴になります。
  • 4
    残しておいた1辺から、ひっくり返します。
  • 5
    ひっくり返した穴から、40gのあずきを入れます。
    穴を凹ませて上からあずきを乗せて揺らすと入りやすいです。
  • 6
    あずきを入れた穴をかがって完成♪

このハンドメイド作品を作るときのコツ

和古布で作るとかわいいですが、
ストライプ×水玉など、組み合わせをオリジナルで考えるのも楽しいですね。
生地選びは、目の詰まったものが比較的縫いやすいです。
1辺ずつまわしながら縫うと、わかりやすいと思います。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)
#お手玉 , #小物 , #和小物 , #飾り ,

acoさんの人気作品

「お手玉」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.