ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

3WAYで使える★こどものファーケープ★

お気に入りに保存 72人

投稿者: lily-mam

3WAYで使える★こどものファーケープ★の作り方

このハンドメイド作品について

冬の結婚式に出席することになりました。娘のドレスに合う羽織物を探していたけど、結構お高くて・・・。数年前に買ったファーが余っていたので作ってみました。
襟は縫い付けずに、ケープとは別に作ってボタンで留めています。なので、「襟あり」「襟なし」「襟のみのティペット」として3WAYで使用できます。
リバーシブルに作れば、8WAYになるかも?!
娘は110~120サイズですが、ケープはドレス用に作ったので短めになります。

材料

  • 表地(ファー)
    適量
  • 裏地
    適量
  • 丸ゴム等(目立たない色)
    適量
  • ボタン(小さいもの)
    8個
  • くるみボタンキット
    ひと組
  • 手芸綿
    お好みで
  • ホックやリボン
    お好みで

作り方

  • 1
    生地を裁断します。
    型紙に縫い代を1センチほどとります。
    毛足の流れに注意し、上から下に毛が流れるように位置を決めます。
  • 2
    裁断する時は、ハサミを細かく動かし、なるべく生地だけを切るようにするとうまくいくと思います。
    表地のファーは柔らかい生地だったので、ケープの前合わせ部分だけ接着芯を貼りました。
  • 3
    襟は、ボタン付け位置の8箇所に丸ゴムを縫い付けます。
  • 4
    作品の前部分はホック留めですが、リボンや紐を結んで留める場合は、ここで表側に図のように縫い付けておきます。
  • 5
    表地と裏地を中表に合わせて、返し口を残して1周縫います。
    この時、丸ゴムを縫い残したり、深く縫い込んだりしないように注意します。(表に返すと仕上がりは画像のような感じです。)
  • 6
    表に返して、ファーの形を整え、返し口を手縫いで閉じます。
    お好みや生地の状態で、ステッチを入れてもよいと思いますが、作品には施していません。
    前の合わせ部分はホックにしました。
  • 7
    次は、ケープ本体です。
    表地・裏地ともに、肩部分を中表に合わせて、縫います。
  • 8
    あとは、表地と裏地を中表に合わせ、返し口を残して縫います。
    この方法では、襟をつけるためのボタンは裏地の上からつけることになるので、リバーシブルでは使えません。
  • 9
    表に返してファーの形を整えたら、返し口を閉じます。
    作品はなんだか頼りない感じだったので、1周ステッチを入れています。
  • 10
    ステッチを入れても、ファー生地の毛足を丁寧に出せば、縫い目はほとんど目立たなくなりました。
  • 11
    ケープの襟のボタン付け位置に、ボタンを縫い付けます。
  • 12
    くるみボタンキットで前ボタンを作ります。
    100円均一の27cmサイズを使いました。
  • 13
    型より大きめにカットして、周りをぐし縫いします。
  • 14
    ①②絞りながら綿を詰め、③上ボタンを入れて④さらに絞ります。
    絞る時はきつく締めすぎない方がふっくらとなります。
    下ボタンを置いて、専用打具でグッと押し込んだら・・・
  • 15
    プックリくるみボタンが完成しました。
    100円均一のキットは、薄手生地向けだと感じました。
    今回はなんとか作れましたが、出来なかったら裏部分の毛足を切って試すつもりでした。
  • 16
    普通に作ったら、なんだか合わないなー、と思って先述の方法で作り直しました。
    左が普通に作ったもの。右側が綿を入れたものです。
  • 17
    ホックやくるみボタン、ボタンホールをつければ完成です。
  • 18
    <リバーシブルに使うために>
    襟付け用のボタンを目立ちにくい位置につける方法です。
  • 19
    ケープの表地、裏地ともに、襟部分の縫い代を少し大きめ1.5~2cmでカットします。
    手順⑥と同様に肩部分を縫い合わせます。
  • 20
    次に表地と裏地を中表に合わせ、襟部分の端を縫います。端から3mm~5mmくらい。
  • 21
    その後、返し口を残して1周縫うわけですが、襟部分のボタン付け位置を2~2.5cm程縫い残します。この時、面倒だけどそのつど、返し縫や留め縫いをして下さい。
  • 22
    襟はカーブしているので、縫い代の切れ込みが必要です。
    (生地によってはしなくても大丈夫かも☆)
    縫い残した部分には切れ込みを入れないように注意します。
  • 23
    表に返したら、こんな風にポケットが出来ています。
    この内側にボタンを縫い付けます。
    ボタンは1cm以下の小さなものを使います。
  • 24
    作品の裁断について。
    作品は、表地と裏地の大きさを変えています。
    表地は前合わせ部分と裾部分の縫い代を3cmとし、裏地は型より-1cmで裁断しました。
  • 25
    1周くるっと縫うことはせずに、まず前合わせ部分を縫います。 次に首周り、最後に裾を縫います。
  • 26
    この方法だと、裾を縫うときに、表地に少しずつタックを寄せていく必要があります。
    ちょっと面倒ですが、裏返した時にファーが多めに見えて可愛くなりました☆
  • 27
    襟をつけたり、外したり。
    いろんな方法で楽しめます。
  • 28
    作品のケープは前合わせがボタン留めなので、リバーシブルで使うつもりはないのですが、参考までに。
    コサージュは撮影の時に置いただけです。
  • 29
    ドレスのリボンベルトより上になるように作ってみました。
  • 30
    襟とケープをボタンで留めずに重ねただけだとこんな感じ。
    このままだと、着用中に襟部分が回ったり着崩れたりしそうですが。ボタン等をつけないので、一番簡単な方法だとは思います。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ファーやボアなどのふわふわした生地を使うと、多少のズレは目立ちません。
材質によっては毛が舞うので、コロコロやマスクが必要かも☆
今回も適当に作ったものですが、一応型紙をつけます。
くるみボタンは、生地や使うキットによっては作れないかもしれません。最初に作ったほうがいいと思います。
ボタンホールは、必ず余り布で練習して「上手く縫えるか」「ボタンが入るか」確認してから!

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

lily-mamさんの人気作品

「フォーマル」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.