ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

リネンのブックカバー(モチーフつき)

お気に入りに保存 14人

投稿者: よう。

リネンのブックカバー(モチーフつき)の作り方
リネンのブックカバー(モチーフつき)の作り方
リネンのブックカバー(モチーフつき)の作り方

このハンドメイド作品について

「レースと一緒に、モチーフも付けたら可愛いんじゃない!?」ってことで。

ひと手間かけて、ちょっと見せびらかしたくなるお気に入りを作ってくださいね!
内側の生地選びにも手を抜かないで!

材料

  • リネン生地
    40cm×40cm程度
  • 裏生地
    30cm×20cm程度
  • 接着芯(薄手~普通)
    25cm×20センチ程度
  • モチーフ
    1コ
  • レース
    適量
  • 細いリボン(しおり用)
    適量
  • 布用ボンド
    適量

作り方

  • 1
    【型紙案】の大きい方は表生地用、小さい方は裏生地用です。

    内側に書いてある数字が縫い代です。

    1枚ずつ裁断します。
  • 2
    表生地用の型紙の寸法で接着芯を裁断します。
    縫い代は要りません。

    表生地の裏に張り合わせます。
  • 3
    表生地に、モチーフ(全面)とレース(ずれ止め程度)をボンドで仮止めします。

    ボンドが滲みて変色しないか確認して、仮止めするか判断してください。しおり用のリボンも同様。
  • 4
    モチーフは中心付近と外周を手縫いでかがります。

    レースとしおり用のリボンはミシンをかけます。
  • 5
    表布・裏布とも、短い辺を折りアイロンをかけます。

    表布は三つ折り。
    裏布は三つ折りにする必要はありません。
  • 6
    端ミシンをかけます。
  • 7
    表布を写真のように折り、まち針で仮止めします。
    (型紙の点線で折ります)

    折り目はつけないように!
  • 8
    表布の上に裏布を中表で重ねます。

    縫い代が5mmずれます。
  • 9
    裏はこんな感じ。

    ミシンをかけます。反対側も同様に。
    片方ずつ合わせたほうがやりやすいと思います。

    しおり用のリボンを縫いこまないように注意!
  • 10
    両側を縫うとこんな感じです。

    生地が厚い場合は、印より若干外側を縫うとゆとりがでます。
  • 11
    前の写真の隙間から裏返します。

    上下の縫い合わせたところのみ、アイロンをかけます。
  • 12
    表紙を入れるミミの部分を返します。
  • 13
    四つ角をしっかりと出して、全体にアイロンをかけます。

    【出来上がり】

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ちょっと複雑に思うかもしれませんが、出来上がりはスマートです。

愛読書が極厚の場合は、寸法を少し大きくしてみてください。
でも、意外と厚手の本でも大丈夫ですよ。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

よう。さんの人気作品

「ブックカバー」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.