ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

【重要】セキュリティ強化に伴うTLS1.2への切替を10月2日(火)に実施いたします。

タオルでお食事エプロン♪

お気に入りに保存 56人

投稿者: peaonia

タオルでお食事エプロン♪の作り方

このハンドメイド作品について

シンプルなフェイスタオル1枚で、
赤ちゃんにやさしい、お食事エプロンが作れます♪

材料

  • フェイスタオル
    1枚
  • バイヤス用布
    適量
  • ハギレ
    適量
  • 接着芯(中厚くらい)
    適量(なくても大丈夫です)

作り方

  • 1
    まずは、フェイスタオルの両端の、三つ折りにしてある部分を切り取ります。

    そして半分に折り、両サイド(タオルの長い辺の方)を重ねて、端をミシンで縫いとめます。
  • 2
    次に、三つ折りを切り取った方の側に、4.5cm幅のバイアスに切った布を重ね、端から1cmの所をミシンで縫います。
    (バイアスは、左右2cmくらい長めにしておいて下さい)
  • 3
    こんな感じになります。
  • 4
    ②で縫いつけたバイアスで、タオルの端をくるみます。
    くるんだら、バイアスの端をミシンで縫いとめます。
  • 5
    ゆっくり縫うと、こんな感じになります。
  • 6
    エプロンの長さが30cmくらいになるように、バイアスでくるんだ側を、上に折り返し、両サイドをミシンで縫いとめます。
    (かなり厚みが出ているので、ゆっくり縫って下さいね)
  • 7
    タオルの上部(わになっているところ)を、赤ちゃんの首に合う大きさに切り取ります。

    (私の場合は、直径10cmの円の上部を、まっすぐ伸ばした形にしています)
  • 8
    ⑦で切り取った首ぐりに、バイアスに切った布を、縫いつけていきます。

    バイアスは、両端を30cmずつ残して待ち針でとめ、首ぐりの部分だけ、端から1cmのところを縫いとめます。
  • 9
    ⑧で縫い終えたら、首ぐりをくるみ、30cmのこしておいた部分も折りたたんで、端をミシンで縫います。
  • 10
    これで、エプロン本体の完成です♪

    この後は、これにお好みのアップリケをミシンパッチしていきます^^
  • 11
    アップリケする布には、裏に接着芯を貼っておくと、薄いハギレでも縫い易くなります^^
    ただ、接着芯がなかったら、わざわざ買わなくても大丈夫です!
  • 12
    こんな感じで、ミシンのジグザグ縫いでパッチします。

    ジグザグの幅を狭くすると、ほつれにくく丈夫になります^^

    りんごの枝も、ジグザグに縫うだけです!
  • 13
    こんな、いもむしくんも楽しいですよ^^
    古着のハギレなどでアップリケすると、思い出に残ります♪
  • 14
    いもむしくんの顔も、ジグザグで縫うだけです^^
    ジグザグの幅を、ボタンホールくらいの狭さにすると、しっかりとした、刺繍のようになりますよ^^
  • 15
    女の子には、こんなお花柄も、簡単でかわいいですよ^^
    色を変えると、雰囲気がかわるので楽しいです♪
  • 16
    赤ちゃんの誕生日を、背番号風にアップリケするのも楽しいですよ^^

    いろんなオリジナル柄で、たくさん作ってみて下さい♪

このハンドメイド作品を作るときのコツ

タオルは意外と縫いづらいので、ちょっと大きめの針目で、ゆっくり縫って下さい^^
アップリケは、とにかく楽しんで♪
赤ちゃんへの”大好き!”な気持ちを、いっぱい詰め込んで、作ってあげて下さいね^^

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

peaoniaさんの人気作品

「エプロン」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.