ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

牛乳パックで作る★子供のお食事クッション★

お気に入りに保存 43人

投稿者: lily-mam

牛乳パックで作る★子供のお食事クッション★の作り方

このハンドメイド作品について

こどもが食事をする際に、大人の椅子の上に乗せて座面の高さを調節するものです。
汚れたらカバーは外して洗えます。
ベビーラックを卒業した子供に、キッズチェア・お食事クッションのどちらを購入するか迷いました。どちらにしろ買っても座ってくれないと困るので、ウチに余っていたものを使ってお試しで作ってみたら・・・意外と使えて、これで間に合ってしまいました。

材料

  • キルティング
    適量
  • ファスナー
    50cm程度
  • アクリルバンドなど
    椅子に固定用
  • 牛乳パック
    16個
  • 段ボール等
    座面分
  • クッションになるもの
    座面分
  • ビニール
    適量
  • 接着テープ(何でも可)
    適量
  • あればバックル
    1~2個

作り方

  • 1
    中身を作ります。
    よく洗って乾かした牛乳パックを、底側からクッションの高さより小さめにカットします。
    (完成品はこれより高く仕上がります。作品は高さ約9cmです。)
  • 2
    さらにもう一つ同様にカット。
    2個目は底側の中に補強として入れ込むので、さらに少~し短めにカットします。
  • 3
    ②の補強用を底がある方の中に入れます。縦になら少し曲げても大丈夫。
  • 4
    これを必要個数作ります。
    作品は4×4個の16個で作りました。
  • 5
    底部分を上にして、テープ等で固定していきます。
    幅広テープが使いやすかったです。
    画像は1個だけでスミマセン。
  • 6
    そのままだと座面が少し凸凹しているので、段ボール等を座面の形に切って上に置きます。
    下が気になるなら、下にも同様に。
  • 7
    一度カバーに使うキルトを敷いて座ってみてください。
    硬いと思ったら、段ボールの上にクッションを入れます。
    タオル・スポンジ・綿などなど。
  • 8
    ということで、詰めたものの分だけ牛乳パックより高く仕上がります。
  • 9
    中身を全部まとめてビニールで隙間なく包み、テープで固定します。
    私は使わなかった100均の雨合羽を使いましたが、ゴミ袋でも何でも。
    子供は食べ物・飲み物をこぼすので。
  • 10
    中身の完成。
    次はカバーを作ります。
    縦・横・高さを採寸します。
    16個でだいたい28×28cmでした。
  • 11
    画像は16個・9cm高さの目安の寸法です。
    作品のファスナー部分は40cmでしたが、ギリギリで中身の出し入れが大変だったので50cmに設定しました。
  • 12
    まず、ファスナーをつけます。中表に合わせて縫いつけ…
  • 13
    折り返してステッチ。
    ファスナーは100均の長いもの(切って使うタイプ)を使っています。
    縫いにくければ、金具を外して縫っても。
  • 14
    同様に、両方つけたら…
  • 15
    中央にバンドを挟んで、側面パーツをつなげて1本にします。
    バンド部分は負荷がかかるので2、3重に縫ってください。
  • 16
    折り返してステッチ。
    バンドは間違って縫いこまないように束ねておきます。
  • 17
    ファスナーの反対側にも別のバンドを縫い付けておきます。このバンドは、椅子の背もたれに回して固定するものです。
    なければ紐や織ゴムでも。
  • 18
    作品画像の黒いバンドは、腰を固定するベルトのつもりでしたが、結局使用せず切ってしまいました。
    つける場合は、先に座面パーツに縫い付けておきます。
  • 19
    ファスナーの中心を座面の中心に合わせて位置を決めます。中表にして、ファスナー側から座面と側面を縫い合わせます。縫い始めは2cmほどあけて。
    画像に背もたれバンドは描いてません。
  • 20
    縫い終わりの少し手前で、一度針を止めます。
    縫い始めのファスナーパーツに合わせて側面パーツをカットして折り、ファスナーパーツの下に入れて縫います。
  • 21
    その後、ファスナーパーツと側面の継ぎ目を、表からステッチを入れて閉じます。
    見た目はもう片方のサイドと同じになります。
    バンドの部分は返し縫いか3重縫いで。
  • 22
    縫い代を始末したら、側面側に倒して表から1周ステッチ。(これはお好みで。省略可です)
  • 23
    底面を縫い付ける前に、椅子の下に固定する紐を底面パーツにつけておきます。
    つけた紐は間違って縫いこまないように、束ねておきます。
  • 24
    座面と同様に底面パーツを縫いつけます。
    ファスナー閉じて縫う場合は、後で表に返すのが大変になるので少し開けておきます。
  • 25
    背もたれ固定用のバンドにバックルをつけたら、完成。
    中身を入れて椅子に固定します。
    こういうカチッ☆と入るバックルを使うと便利です。
  • 26
    私は、100均の「スーツケースまとめベルト」というものを分解して使っています。まだ売ってるかな・・・。
    手芸用品ではないけど、100円でバックルもリュックカンもついてるし。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

画像では椅子より小さいのですが、座った時に大人の椅子にふくらはぎやかかとが当たっていました。それはそれで子供が1人で座れるので良かったのですが。
中身を作りながら実際に座ってもらって調節するとよいと思います。
作品は、試しで体重80kg超の人に座ってもらいましたが、大丈夫な感じでした。
カバーは中身より少し大きめに作ってください。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)
#こども , #食事 , #椅子 , #いす ,

lily-mamさんの人気作品

「こども」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:2

  • lily-mamさん
  •  >tetucoさん
    コメントありがとうございます!
    とっても素敵ですね♪
  • 2012/2/28 14:20
  • tetucoさん
  • 座卓用なのでベルトなしで作りました。
    大人も座れるぐらいしっかりしていますね!
    家族分作るのが目標です!
  • 2012/2/19 14:24


最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.