ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

実用的なバッグ

お気に入りに保存 11人

投稿者: am-tm

実用的なバッグの作り方

このハンドメイド作品について

編み方は簡単ですが、フェルトの加工もあるので、
やや難しい、のランクにしました。

材料

  • ラグマット用毛糸 こげ茶
    150g
  • 同じく    黄緑
    10g
  • 同じく   オリーブ
    20g
  • 同じく   杢グレー
    20g

道具

  • 編み棒 8号
  • 編み棒 10号
  • 目数段数リング
  • かぎ針 8号
  • とじ針
  • メジャー
  • 段数チェッカー
  • 目数取り置き用ピン

作り方

  • 1
    ①8号棒針で49目作り目をして10号棒針でメリヤス編み。
    ゲージ 10号棒針
    14目_20段
  • 2
    ②本体の55段とポケットまでの5段 合わせて
    60段まで編む。55段は中心になるので、印を付けておくとよい。
  • 3
    ③本体両側8目ずつ、目数取り置き用安全ピンに移す。
  • 4
    ④ポケット黄緑色の方から13目取り置きした分に 巻き増し目両側に一個ずつ足し15目で30段まで編み伏せて終える。
  • 5
    ⑤ポケット(オリーブ色) 20目取り置きした分に巻増し目両側に一個ずつ足して、22目で30段、同様に伏せる。
  • 6
    ⑥本体左の8目をピンから、棒に移し、ポケットを編んだオリーブ、黄緑の下にあるこげ茶の目を拾い、右側の8目も棒に移す。
  • 7
    ⑦本体の目数49目を確認して50段編みます。
  • 8
    ⑧持ち手、サイドのまちも編みます。資料参照↑
  • 9
    ⑨持ち手は端の半目を一段飛ばしで まつります。
  • 10
    ⑩本体は、糸始末をして、ポケット黄緑とオリーブをとじて
    まだ、本体に縫い付けないでおきます。
  • 11
    ⑪その状態でお湯につけてから、石鹸で満遍なくこすります。
    ハンドル(手ひも)2本も同様にします。
  • 12
    ⑫時間にして、一時間から、二時間ぐらい、こすってはお湯をかけ、
    毛が絡まるように縦横にこすります。
  • 13
    ⑬だんだん目がつまって、編み目が見えにくくなったら、フェルト化した状態です。
    石鹸分をよく流して、脱水し、半日ほど、陰干しにします。
  • 14
    ⑭乾いてから、ポケットの巻増し目内側のシンカーループと本体の8目内側のシンカーループを一段置きに綴じ付けます。
    飾りの細編みを入れてから、
    ポケットを綴じます。
  • 15
    ⑮本体の入れ口のところにも飾りの細編みを一段入れます。
    両サイドに編んでおいた杢グレーのまちも付けます。本体の中心(しつけ)から前後2目は まち分にします。
  • 16
    ⑯口のところ、飾り編みをつけた方は外に向け、まちの余りは内側になるようにとじます。
  • 17
    ⑰端から10目内側3目に段数リングでしるしをつけ、口のところから、20段下にしつけをします。その位置に持ち手を付ける。
  • 18
    ⑱ゲージをとって、計算したときは、35cmでしたが、縮絨の後は、30cmになりました。飾りのボタンをつけて出来上がり。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

縮絨することによって、ゆがんだり、大きさが変わります。
あまり、神経質にならずに、ゆがみを楽しんではどうでしょう・・・

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

am-tmさんの人気作品

「実用的」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.