ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

花束のバック

お気に入りに保存 120人

投稿者: PieniSieni

花束のバックの作り方

このハンドメイド作品について

フラワーアレンジメントの本にあった花嫁さんのブーケを見ていて作りたくなった作品です。

お花のモチーフを沢山作って華やかに仕上げました。

パーツが多い分作るのに時間がかかりますが、パーツ自体の作り方はとても簡単。
お好みでお花の色や数を変えて楽しんで作ってください。

インテリアとして部屋に飾っても素敵です。

材料

  • 厚手フェルト(緑・土台用)
    40×24㎝
  • フェルト(各色)
    お好きなだけ
  • 刺繡糸
    適量
  • 綿
    適量

作り方

  • 1
    A 厚手フェルトを32×4㎝に切る。
    これが取っ手になります。

    B 厚手フェルトを直径20㎝の円に2枚切る。
    これがバックの土台になります

    C AをBに縫い留める。
  • 2
    A フェルトを10×4㎝前後の葉っぱの形に5本切ります。

    B 土台に縫い留める。
  • 3
    A 2色のフェルトを6×2、5×1.5㎝の葉っぱの形に5組切る。

    B Aを重ねて刺繡糸で縫う。

    C 土台に縫い留める。
  • 4
    A フェルトを13×2の葉っぱの形に切る。

    B 波縫いをして糸を少し引いて玉止め。

    C 3つ作ってまとめる。

    D 土台に縫い留める。
  • 5
    A フェルトを10×4㎝の葉の形に切る。

    B 刺繡する。

    C 3つ作って(1)に縫い留める。

    D 2色のフェルトを4×4㎝の写真の形に7つ切り土台に縫い留める。
  • 6
    A フェルトを直径5cmの円に切る。

    B 周囲を縫う。

    C 糸を少し引いて綿を入れる。

    D 糸を更に引いて玉止め。

    これを8つ作る。
  • 7
    A フェルトを直径5cmの円に切る。

    B→Cの手順でお花の形に切る。
  • 8
    A フェルトを4×1.5㎝の長方形に切り、切り込みを入れる。

    B 巻いて根元を縫って固定する。

    C (7)にBを縫い留めてDのようなお花にする。

    11コ作る。
  • 9
    A フェルトを直径4cmのお花の形に切る。

    B フェルトを直径2㎝の円に切ってAに重ね、中心を縫う。

    C糸を引いて玉止め。

    これを4つ作る
  • 10
    A フェルトを10×1.5㎝の長方形に切る。

    B 短辺同士を縫う。

    C 端を波縫い。

    D 糸を引いて玉止め。

    これを8つ作る。
  • 11
    A フェルトを直径4㎝のお花の形に10個切る。

    B フェルトを直径1.5㎝の円に10個切る。

    C 土台にAとBを写真の様に6組縫い留める。
  • 12
    A 土台に(6)を縫い留める。

    B フェルトを直径1㎝の円に切って(10)と重ねて縫い留める。

    C (8)を縫い留める。

    D (11)を3組縫い留める。
  • 13
    A (9)を土台に縫い留める。

    B 表のパーツがつけ終わったところです。
  • 14
    A→B 取っ手をつけたところに(11)を縫いとめます。

    C 土台同士を合わせてブランケットステッチをします。

    完成!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

パーツを縫い留める時は土台の円の外周から1cmより内側に縫い留めましょう。
これは最後のブランケットステッチをやり易くするためです。

パーツの大きさは揃ってなくて大丈夫。
不揃いな方が自然に見えます。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

PieniSieniさんの人気作品

「バック」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.