ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

レース編み糸バッグ(大)

お気に入りに保存 62人

投稿者: naocube

レース編み糸バッグ(大)の作り方

このハンドメイド作品について

【写真右のタイプです】
編んでいる最中に糸玉が転がらないように、編み糸バッグを作りました。
巾着付きのワンハンドルトートです。
レース針ポケットと小物ポケットがついています。
持ち手真ん中がスナップで外れるので、適当な場所にぶらさげて使うこともできます。

(*2011-08-02改訂版に差替)
(*2011-08-04改訂版に差替 図案の寸法抜け訂正)

(*2011-08-04 作り方手順に図解を追加。手描きで、書き直しの後が見苦しいですが、参考にしてください)

材料

  • 表布
    W42×30cm
  • 内布
    W44×39cm
  • 紐(直径3mm)
    1m(50cm×2本)
  • リングスナップ
    1組

作り方

  • 1
    製図の通りに裁断します。

    *写真と製図は、持ち手の幅だけ異なります。
  • 2
    【外袋側面にポケットをつける】

    ポケット(製図⑨、⑩)の入れ口と両脇を、三つ折りにしてアイロンで押さえます。

    入れ口にステッチをかけます。
  • 3
    外袋側面(①)の適当な位置に、底の縫い代を揃えて配置し、縫いつけます。

    編み針用のポケットは、針が2本入るように、真ん中に仕切りのステッチを二重に入れます。
  • 4
    【外袋を作る】

    外袋側面(製図①)を中表に折って脇を縫い、縫い代を割ります。

    外底(製図②)と中表に合わせ、縫い合わせます。
  • 5
    【中袋を作る】

    外袋と同様に、中袋側面(製図⑦)も中底(製図⑧)と縫い合わせます。

    ただし、脇を縫うとき、返し口を7cmほど縫い残します。
  • 6
    【口布の巾着を作る】

    口布(製図⑤、⑥)どうしを中表に合わせ、両脇を縫います。
    *上端から5.5cmが縫い止まり位置です(ここより上は縫いません)。
  • 7
    縫い代を割ってそれぞれ三つ折りにし、ステッチで押さえます。

    縫い止まりのところに、補強のステッチを入れておきます。
  • 8
    入れ口の縫い代3cmを、端から1cmで一折りしてから、仕上がり線で折ります。

    口まわりにミシンをかけて、紐通し口を作ります。
  • 9
    【持ち手を作る】

    持ち手(製図③、④)は、先端の縫い代を折ってから、四つ折りにしてステッチをかけます。

    *ごろつきが気になる場合、先端の縫い代の角をカットしてください。
  • 10
    【どんでん返しですべてを合わせる】

    外袋を表に返し、持ち手をミシンで仮止めします。

    その上に、さらに口布を中表にかぶせ、ミシンで4ヶ所仮止めします。
  • 11
    内袋を裏返し、外袋を中に入れます。
    口まわりを縫います。

    (内袋と外袋が中表に合わさって、
    間に持ち手と口布が挟まった状態になります)
  • 12
    返し口から表に返します。

    見返しを内側に折って、アイロンで押さえます。

    内袋上端から2mmの位置に、押さえのステッチを入れます。
  • 13
    【仕上げ】

    返し口をまつります。

    持ち手にリングスナップをつけます。

    紐通し口に紐を通して結べば、完成です。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

丸底と側面を合わせて縫うところも、焦らずゆっくり縫えば、そう難しくはないと思います。

これはどんでん返しにしましたが、外袋と内袋を外表に重ねて縫い合わせる方法でもできます。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

naocubeさんの人気作品

「レース糸」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.