ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

プリフラのプチアレンジ(ピンク+シルバー)

お気に入りに保存 5人

投稿者: asatomo33

プリフラのプチアレンジ(ピンク+シルバー)の作り方

このハンドメイド作品について

ピンクをグリーンとシルバーでまとめたプチアレンジ。
自身のフラワーサークル的なワークショップで行う予定のプチアレンジメントです。
プリフラ初体験の方向けに、また時間内に制作できなかった時の為にレシピを作成しています。

材料

  • プリフラ バラ(スモーキーピンク)
    1輪
  • プリフラ バラ(ビビアン)
    2輪
  • ペッパーベリー(ピンク)
    適量
  • プリフラ ブルースター(白)
    3輪(1枝)
  • カシワバアジサイ(ライムロゼ)
    適量
  • 実付きユーカリ
    適量
  • パルバフォリア(グリーン)
    適量
  • リボン(シルバー系)
    2種
  • フラワーベース
  • フォーム
    適量
  • ワイヤー
    適量
  • フローラルテープ
    適量

道具

  • ホットボンド

作り方

  • 1
    フォームをホットボンドで器に固定する。
  • 2
    フォームの側面に葉を貼り付けて隠す。
    両サイドと裏側が隠れればOK。
  • 3
    必要に応じてプリフラやリボンをワイヤリングする。
    (ワイヤリング方法は5~に掲載)
  • 4
    茎がある程度長さがありしっかりしているものはそのままでもOK。
  • 5
    ペッパーベリーやアジサイなどは小房を2~3束ねて1つにワイヤリングしてボリュームを出しても。
  • 6
    バラはワイヤーをガクの付け根の少し下に挿す。
  • 7
    フローラルテープを少しひっぱりながらワイヤーを隠すように巻く。
  • 8
    ワイヤーは適当な長さにカットしておく。ワイヤリング完成。
  • 9
    バラを開花させる。右が開花前、左が開花後。
    (開花方法は10~)
    今回は初心者向き手軽な方法を選びました。バラの花が淡い色の時にオススメです。
  • 10
    コットンを小さく丸める。
  • 11
    花弁の間、奥の方にピンセットでコットンボールを詰める。
    (この時、あまり開花させ過ぎると花弁を傷つけたりガクから外れたりするので注意)
  • 12
    コットンボールが目立たない程度に好みの開花具合まで開花させる。
  • 13
    メインのバラの位置を決め、下にまっすぐに挿す。
  • 14
    花材の挿し順は自由です。
    ご自分の作り易い順番に花材を挿してアレンジメントを楽しんでください。
    大きい花材を挿し、後から小花や葉モノを挿して仕上げる方が多いです。
  • 15
    花材は基本的に1焦点(メインのバラの茎の下方延長線上が焦点です)に向かってメインのバラよりも低く挿します。
    バラ3輪は3角形になるように配置するとバランスがいいです。
  • 16
    ポイントは左前に垂れるイメージで花を挿す事。
    器の右奥は空間が見えるようにアレンジして下さい。
    花の高さもそれぞれ少しづつ変えてみるといいと思います。
  • 17
    葉ものはメインのバラより高いものがあってもアレンジメントに表情が付きます。
    しっかり挿さらないものはホットボンドで固定して下さい。
  • 18
    どこから見てもフォームが隠れるようにアレンジメントを完成させてください。
    是非、右奥の空間が少し見えるような向きが正面だと思って飾ってみてくださいね。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

器が小さいので花材を入れ過ぎるとモリモリしてしまいます。
少し控えめな分量でアレンジメントすると、器に空間ができ、シルバーのリボンの大人っぽい配色のおかげでなんとなくピンクが夏向きのスッキリとした印象になったかなと思います。
お好みで空間にクリスタルをあしらったり、ガラスベースで作られるとより夏向きなアレンジメントになると思います。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

asatomo33さんの人気作品

「プリザーブドフラワー」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.