ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

百合のバック

お気に入りに保存 3人

投稿者: PieniSieni

百合のバックの作り方

このハンドメイド作品について

大好きな百合をモチーフにしたバックです。

綿無地の生地で百合をアップリケ。
両サイドには山道テープを刺繡で縫い付けて可愛さUP。

このバックの作り方は基本中の基本で簡単です。
是非作ってみてください。

材料

  • 表生地(バック本体用)
    70×30㎝
  • 内生地(バック本体用)
    70×46㎝
  • 綿生地(白アップリケ用)
    12×12㎝
  • 綿生地(緑アップリケ用)
    8×6㎝
  • 山道テープ
    140㎝
  • 刺繡糸
    適量

作り方

  • 1
    アップリケの下絵です。

    この絵に縫い代5㎜を付けてアップリケ用の綿生地の白を切ります。
  • 2
    (1)のパーツの縫い代をアイロンで折ります(A→B)。

    出っ張った角は切り落とします(B)。

    まつり縫いで70×30㎝に切った本体用表生地にアップリケします(D)。
  • 3
    A 花をアップリケ。
    B アップリケ用の綿生地の緑を葉っぱの形に切って、アップリケ。
    C アップリケ用の綿生地の白を蕾の形に切ってアップリケ。
  • 4
    茎を刺繡します。
  • 5
    A 葉脈を刺繡します。
    B ピンクの刺繡糸でお花のスジを刺繡をします。
    C 黄色と赤の刺繡糸でおしべを刺繡します。
  • 6
    Aの位置にB→Cの手順で山道テープを縫い付けます。
  • 7
    A 内生地を70×30㎝に切ります。これを中表に畳み、両脇を縫います。
    B 縫い代を折ってアイロンをかけます。

    アップリケした表生地も同様に袋にします。
  • 8
    内生地を50×8㎝に切り、A→B→C→Dの手順でアイロンをかけます。
  • 9
    (8)の両端にミシンをかけます。

    これを2本作ります。
    取っ手になります。
  • 10
    内生地の袋の写真の位置に取っ手を仮止めします。
  • 11
    内生地の袋に表生地の袋を写真の様に入れます。

    これで2つの袋が中表の状態になります。
  • 12
    A 脇の縫い代の位置を合わせて待ち針を打ちます。
    B 袋の口に待ち針を打ちます。
    C 返し口を10センチ残して縫います。
    D 縫い代を折ってアイロンをかけます。
  • 13
    A 返し口から表に返します。
    B 内生地の袋を表生地の袋の中に入れます。
    C 袋の口に仕上がり通りにアイロンをかけます。
    D 袋の口にミシンをかけます。

    完成!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

縫い代は全て1㎝です。

アップリケの針目はなるべく表に出ないようにしましょう。

袋を綺麗に仕上げるには指定されたところでちゃんとアイロンをかける事です。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

PieniSieniさんの人気作品

「百合」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.