ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

オリジナル腕時計

お気に入りに保存 15人

投稿者: sewhappy

オリジナル腕時計の作り方

このハンドメイド作品について

おやこ手芸教室レシピNo.10の作品です。おやこで製作して1時間半以内で完成し、かつ直ぐに使える物、、、悩みました。でも以前から気になっていた100均の腕時計をサンプルで購入。意外と使える!電池交換可!子供は喜ぶんじゃないかと思い、ベルトのアレンジを思いつきました。

材料

  • パンチングエナメル
    3cm×30~40cm
  • 100円均一で購入した腕時計
    1個
  • リボン
    40cm程度
  • ホック
    1組
  • 刺繍糸
    適量
  • 3~5mm幅両面テープ
    1個

道具

  • 鳩目、打ち棒、受け台、金づち、打ち台

作り方

  • 1
    手首周囲に11cm足した長さに、3cm幅のパンチングエナメル(P.E)を切る。残りで1cm×5cmを2本のタブを用意。*手首の周囲が13cmなら、13cm+11cm=24cm。
  • 2
    100円均一の腕時計のベルトをはずす。
  • 3
    P.Eの両端3cmを内側におり、端から1.5センチの所にホックを付ける。
  • 4
    リボンをベルトの長さに合わせて切る。
  • 5
    リボンとP.Eを両面テープで付ける(仮止め)。この時にP.Eのパンチングの穴にリボンかかかる様にする。そして刺繍糸で並縫いする。
  • 6
    リボンを両側に縫い付ける。
  • 7
    デジタル部品のベルトがつけてあった針に1cm幅のタブを通す。*目打ちや縫い針を使って慎重に通す。
  • 8
    表から。
  • 9
    ベルトの長さの中心を出し(右側の待ち針)、そこにデジタル部品の中心を合わせ、タブとベルトを縫い合わせる。*工程10に付けるポイントあり
  • 10
    腕時計を付けた時の曲線に合わせ、ベルトとデジタル部品が浮くように付ける。
  • 11
    縫い付けた様子。

    完成♪
  • 12
    モチーフのアレンジ。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ホックは組み合わせを間違えないように。両端折り返し3cmはリボンを付けなくて良いです。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

sewhappyさんの人気作品

「腕時計」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:2

  • sewhappyさん
  • こづきさん

    コメントありがとうございました。
    そうですね、金属アレルギーの方におススメです☆
    そして子供にも◎

    大人向けのデザインの時計ができれば見せて下さいね♪
  • 2011/8/11 23:15
  • こづきさん
  • このアレンジだと金属アレルギーで腕時計が出来ない人でも腕時計を付けられそうですね。
    大人向けのシンプルなデザインとか考えてみたくなりました。
  • 2011/7/26 12:37


最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.