ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

簡単リバーシブルな斜め掛けバック

お気に入りに保存 64人

投稿者: PieniSieni

簡単リバーシブルな斜め掛けバックの作り方

このハンドメイド作品について

簡単に出来るリバーシブルの斜め掛けバックです。
斜め掛けバックは両手が開くのでお買い物などのお出かけに便利だと思います。

バックの口にはボタンループとボタンを付けていますが、不要な場合は付けなくても大丈夫。

肩紐は自作もできます。http://kippermum.exblog.jp/12027356/#12027356_1

生地の大きさや肩紐の長さを調節すればお子様用にもなります。

材料

  • 生地A
    48×27㎝
  • 生地B
    48×27㎝
  • 紐(肩紐)
    122㎝(お好みの長さ+2㎝)
  • 紐(ボタンループ用、ボタンを付けない時は不要)
    ボタン直径+3㎝
  • ボタン(ボタンを付けない時は不要)
    2つ

作り方

  • 1
    生地A、生地Bを27×24㎝に2枚づつ切る。
    AはA、BはB同士を中表に重ねて縫い代1cmで破線の通りコの字型に縫う。

    これで袋が2つできました。
  • 2
    袋の縫い代を折り、アイロンをかける。
  • 3
    A 片方の袋の縫い代の位置に肩紐を仮止めする。
    B 肩紐と肩紐の中間にボタンループ用の紐を仮止めする。(不要な場合は省略してください)
  • 4
    写真の様に生地Bの袋に生地Aの袋を入れる。
    このとき袋同士が中表の状態になります。
  • 5
    縫い代を写真Bのように別々の方向に倒して袋の口に待ち針を打ちます。
  • 6
    返し口を10㎝残して破線の部分(袋の口)を縫います。
  • 7
    A 縫い代を折ってアイロンをかけます。
    B 返し口から中身を引っ張り出します。
  • 8
    A どちらかの袋にもう一方の袋を入れ、仕上がり通りにアイロンをかけます。
    B 袋の口に押さえミシンをかけます。
  • 9
    袋の口の両側にボタンを付けます。

    完成!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

(3)で紐を仮止めする時、紐がねじれていないか確認してください。

ボタンループは自分で生地から作っても大丈夫ですし、最後に刺繍糸でボタンループを作る方法もあります。(TOPの写真の作品は刺繡糸でループを作っています)
http://kippermum.exblog.jp/12594411/
をご覧ください。

片方の生地が薄い色の場合、もう一方の生地に濃い柄を選ぶのは避けましょう。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

PieniSieniさんの人気作品

「バック」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.