ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

自作のバッグデザイン画をイラストレーターで製図する

お気に入りに保存 48人

投稿者: tomoshibi27

自作のバッグデザイン画をイラストレーターで製図するの作り方

このハンドメイド作品について

Ilustratorというソフトで原寸の型紙を製図します。コピーサービスのお店にデータで持ち込んで大きな紙に出力してもらえば、すぐに型紙として使用出来ます。(イラストレーターの他に2DCADのソフトも曲線の寸法割り出しに使います)これらのソフトが使える方のみです、すみません。(更新)実物のプリントを追加しました。

材料

  • Illustrator
    図を描くソフトです
  • AR_CAD
    CADソフトです

道具

  • AR_CAD/フリーソフトです

作り方

  • 1
    鉛筆でバッグのデザインを描きます。だいたいの大きさ・持ち手の長さを決めておきます。
  • 2
    Illustratorで作業します。本体などの左右対称のパターンはベジェ曲線で半分を描いておいて、左右反転して複製したのをグループ化しておきます。
  • 3
    一度全部のラインを引いて、変形-パスファインダ-分割をやると、色んなパーツに分かれますので必要な物だけ取り出しておきます。
  • 4
    ギャザーの寄るポケットは想像で延長線を描きます。(実際はこの型紙でダミーを作り、開いた布の形でもう一度パスを修正します)
  • 5
    全体図を描いたら、実寸の大きさにサイズを合わせます。このバッグはどのぐらいの大きさが良いのか、タテヨコの四角形を実寸サイズで書き、バッグのパーツをその四角に合わせて拡大します。
  • 6
    本体につくマチの部分の曲線のみをDXF形式で保存し、CADソフトで読み込みます。曲線が何センチになるのか割り出します。(AR_CADを使うのはここだけです)
  • 7
    CADで割り出した長さを基にマチ部分を製図します。タックの幅は好みで。
  • 8
    持ち手部分は図のようにカーブした形でも良いですし、同じ幅の直線で持つ部分だけ二つ折りにしてステッチをかける仕様でもOKかと思います。
  • 9
    実際にプリントアウトしてみました。コピーサービス店に持っていく時間が無かったのでA4サイズで細かく分割して印刷し、のりで継ぎました。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

洋裁雑誌の付録についているような綺麗な製図が出来ます。平面的なデザインであればイラストレーターだけでも製図出来ます。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

tomoshibi27さんの人気作品

「バッグ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.