ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

うさぎ耳のバック~2枚仕立て~

お気に入りに保存 114人

投稿者: PieniSieni

うさぎ耳のバック~2枚仕立て~の作り方

このハンドメイド作品について

取っ手が兎の耳のような可愛いバックです。

使用する時は取っ手をお好みの長さで結びます。使い終わったら取っ手をほどいて畳んでバックに入れることが出来るので、エコバックになります。

二枚仕立ての内布付きなので、バックの中が見えても綺麗です。
作り方は簡単です。

材料

  • 表布(薔薇柄)
    80×60㎝
  • 内布(白無地)
    70×40㎝

作り方

  • 1
    表布と家布を写真のように1枚ずつ切る。
  • 2
    表布を写真のように4枚切ります。
  • 3
    A (2)を中表に2枚重ねて破線部分を縫い代1cmで縫う。
    B 縫い代を折ってアイロンをかける。
    C 曲線部分の縫い代に切り込みを入れる。
  • 4
    (3)を表に返してアイロンをかける。

    これが取っ手になります。
    2本作ってください。
  • 5
    A (1)を中表に半分に折る。
    B  両脇を縫い代1㎝で縫う。

    表布、家布それぞれ同様に縫ってください。
  • 6
    (5)の縫い代を折ってアイロンをかける。

    これが本体の袋になります。
  • 7
    表布の袋の脇と取っ手の返し口の中心を合わせ、縫い代5㎜で縫って仮止めする。→写真のように表生地の袋の中に内生地の袋を入れる。

    2本の取っ手は表生地と内生地の間にあります。
  • 8
    表生地と内生地の脇の縫い目を合わせて待ち針を打ちます。

    表生地と内生地の縫い代は写真のように互い違いになるようにしてください。
  • 9
    A 待ち針を打ち終わった所です。
    B Aの破線以外のところを縫い代1cmで縫います。
  • 10
    A 曲線部分の縫い代に切り込みを入れます。
    B 縫い代を折ってアイロンをかけます。
  • 11
    A (9)で縫い残した所から手を入れて中身を出して表に返します。
    B 内布の袋を表布の袋の中に入れます。

    バックの形になりました。
  • 12
    A 仕上がり通りにアイロンをかけます。
    B,C 押さえミシンをかけます。
    D 両脇の取っ手の付け根にも押さえミシンをかけます(これで返し口が塞がります)

    完成!!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

今回の作品は表布の色が薄いので、内布には白無地の生地を使用しています。
表布が濃い色で内布の柄が表に出ないようであればお好きな柄をお使いください。

(3)と(10)で切り込みを入れるのは、表に返した時に綺麗な曲線を出すためです。アイロンをかけるのも同じ理由です。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)
#バック , #簡単 , # , #うさぎ , #エコ , #畳める , # , #可愛い , #内布 , #2枚仕立て ,

PieniSieniさんの人気作品

「バック」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.