ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

端切れを余す所なく使ったトートバッグ

お気に入りに保存 11人

投稿者: tomoshibi27

端切れを余す所なく使ったトートバッグの作り方

このハンドメイド作品について

ふと、隣同士に並んでいた端切れ達を見て、色の配列がひらめきました。端切れという制約のあるサイズなので接ぎ終わったサイズになり、又別の布を足して・・・という具合に。

材料

  • ブロードなどの木綿地
    適宜
  • 厚手接着芯
    剥ぎ終わったサイズ
  • 中肉の接着芯
    適宜
  • 接着フェルト芯
    持ち手の部分のみ
  • スナップボタン
    2組
  • マグネットボタン
    1組

道具

  • 25㎜幅のテープメーカー

作り方

  • 1
    一つ前の投稿作品にテープメーカーを使ったパッチワーク風モチーフの作り方がありますのでそれから始めて下さい
  • 2
    端切れの量と相談しながらレースを挟んだりしてミシンかけしていきます。
  • 3
    バッグの反対側の面にもパッチワーク風モチーフを施します。写真はテープの配置の途中。
  • 4
    写真のように編んでいきます。目打ちで隙間を作らないように押さえて編むと、ズレずに綺麗です。テープの下は接着芯。
  • 5
    バッグの表と裏のパーツが出来ました。こちらには中肉厚の接着芯を貼っておきます。しかし全体のサイズが足りないようなので・・・
  • 6
    濃緑色のドット柄を足しました。ここは底部分も入るので厚手の接着芯を貼って接ぎ合わせておきます。
  • 7
    マチ部分を作り足します。サイズは底部分の幅の半分に1㎝の縫い代をつけて両サイド4ヶ所縫い付けます。
  • 8
    中表に合わせてマチの両端にミシンをかけます。底部分とマチも接合します。
  • 9
    表に反してアイロンで仕上げておきます。
  • 10
    中袋の生地にポケットを縫い付けます。ポケットのサイズや仕切りはお好みでどうぞ。
  • 11
    持ち手を作ります。バッグ本体が大きなサイズになりましたので、ショルダーにしても丈夫なように6㎝ぐらいの幅広にしました。フェルトの接着芯を挟んでソフト感を出します。
  • 12
    バッグ本体の見返し部分を作り、芯地を貼ります。マグネットボタンをつける部分はもう1重接着芯を貼り、ペンチでボタンを取り付けます。
  • 13
    中袋と見返しを接合します。
  • 14
    バッグ本体と持ち手、中袋を中表にし、ミシンをかけます。中袋の底部分を一部開けておいて返し口にしておきます。
  • 15
    完成。サイドのマチ部分はスナップボタンをつけてたためるようにしました。
  • 16
    バッグの反対側。持ち手が幅広くなっていますので、肩への負担も少ないです。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

端切れを使い切る気持ちで、ちょっとの余りもモチーフ(兼ポケット)にしてみてください。これが本当の物を捨てない「エコバッグ」かと。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

tomoshibi27さんの人気作品

「パッチワーク」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.