ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

きらきら蝶々のブローチ

お気に入りに保存 39人

投稿者: PieniSieni

きらきら蝶々のブローチの作り方

このハンドメイド作品について

ヴィンテージバックにあった蝶々をモデルにブローチを作ってみました。スパンコールとビーズを沢山使っているのでキラキラ綺麗なブローチになりました。

スパンコールやビーズを付けるのに時間がかかりますが、難しくはありません。
ゴムを付けて髪飾りにしても素敵です。

是非作ってみてください。

材料

  • フェルト(オレンジ)
    10×10㎝
  • フェルト(ピンク)
    8×8cm
  • 安全ピン
    1つ
  • スパンコール
    適量
  • 竹ビーズ
    適量
  • ビーズ
    適量
  • ワイヤー
    40cm

作り方

  • 1
    オレンジのフェルトを写真の通りに切る。
    このパーツは「土台の羽」になります。
  • 2
    ピンクのフェルトをAの通りに2枚ずつ切る。
    このパーツは(1)「土台の羽」に乗せる「上の羽」になります。
  • 3
    オレンジのフェルトを写真の通りに切ります。
    このパーツは「胴体」になります。
  • 4
    竹ビーズのつけ方です。
  • 5
    スパンコールのつけ方です。
  • 6
    (2)「上の羽」の周囲に(4)(5)を参考にして竹ビーズとスパンコールを縫い止める。
    内側に写真を参考にしてビーズ、竹ビーズ、スパコールを縫い止める。
  • 7
    (1)「土台の羽」の周囲に(5)の手順でスパンコールを縫い付ける。
    内側に写真を参考にしてビーズ、竹ビーズ、スパコールを縫い止める。
  • 8
    (6)(7)の裏にワイヤーを縫い止める。
  • 9
    A (3)にビーズを縫い止める。
    B 2つに畳んでかがる。
  • 10
    「土台の羽」の上に「上の羽」を乗せて縫いとめ、さらに(9)の胴体を乗せて縫い止める。
  • 11
    裏に安全ピンを縫い止める。
    (8)で縫いとめたワイヤーを曲げて形を整える。

    完成!!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

<裏のワイヤーが気になる場合>
(1)「上の羽」と「土台の羽」のフェルトを倍の枚数切る。
(2)ワイヤーを付けた後で外表に2枚を重ねてまつりつける。
平面的になってもいい場合はワイヤーは無くても大丈夫です。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

PieniSieniさんの人気作品

「フェルト」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.