ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

カーネーションのギフトバック

お気に入りに保存 39人

投稿者: PieniSieni

カーネーションのギフトバックの作り方

このハンドメイド作品について

5月の第2日曜日は「母の日」です。
やっぱりモチーフはカーネーションです。感謝の気持ちを込めたプレゼントの為のギフトバックを作りました。
私はこれに母大好きなアロマを入れてプレゼントしようと思っています。手作りのバックに入れてプレゼントをすればきっと感謝の気持ちが伝わると思います。

材料

  • フェルト(厚手)
    27×16.5㎝
  • フェルト(赤)
    14×8㎝
  • フェルト(緑)
    5×4㎝
  • リボン
    20㎝
  • 刺繍糸
    少し

作り方

  • 1
    厚手のフェルトを1.5×27㎝(取っ手用)、18.5×13.5㎝(本体用)にそれぞれ二枚づつ切る。
  • 2
    A 赤いフェルトを円形に切る。
    B 十字に切り込みを入れる。
    C Bの切り込み同士の間に2箇所均等に切り込みを入れる。
    D 角を切り落とす。
  • 3
    A 先端をギザギザに切る。
    B Aを半分に折る。
    C Bをさらに半分に折る。この時、端をちょっとズラすのがポイント。
  • 4
    A 緑のフェルトを円形に切る。
    B 半分に切る。
    C 円弧の部分をギザギザに切る。
  • 5
    A (3)の根元を縫って固定する。
    B 根元に(4)を巻きつけながら刺繡する。

    カーネーションのお花の完成
  • 6
    A 赤いフェルトを写真の形に大1.5×2.5小1×1.5㎝にそれぞれ1枚づつ切る。
    B 直線部分をギザギザに切る。
  • 7
    A 緑のフェルトを写真の形に切る。
    B ギザギザに切る。
    これと(6)を重ねて蕾になります。

    緑のフェルトを4×2㎝の三日月形に3枚切る。
    これが葉になります。
  • 8
    A 花、蕾、葉のパーツを(1)の本体に乗せてバランスを見る。
    B 茎をチャコで書く。
    C 花を縫いとめる。
    D 茎をチェーンステッチで刺繡する。
  • 9
    A 蕾のパーツを写真のように重ねて縫いとめる。
    B 葉っぱを縫いとめる。
  • 10
    A 取っ手を本体の端から2㎝の位置に縫いとめる。
    B 本体同士を外表に合わせてボタンホールステッチで縫い合わせる。

    これでバックの形になります。
  • 11
    A リボンをリボン結びします。
    B 刺繍糸でリボンがほどけないように縫いとめます。
    C リボンを取っ手に縫いとめます。

    完成!!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

(7)の葉の写真の撮るのを忘れてしまったので、仕上がり写真などを参考にして切ってください。ごめんなさい。
(8)で花を縫いとめる時、あまりにもガッチリ付けると平面的になってしまうので、根元の部分だけを縫いとめるといいです。
(9)の蕾を縫い付ける時も同様です。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

PieniSieniさんの人気作品

  • 母の日特集

    「いつもありがとう」の気持ちを、手作りのアイテムにこめて贈りましょう。

「カーネーション」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:2

  • PieniSieniさん
  • こんにちは、ましろさん。

    ピンクのカーネーションが可愛らしい雰囲気ですね。
    お母様が喜んでくれて良かった。

    突然話が変わりますが、子供の頃「子うさぎましろのお話」という絵本が大好きでした。
    ましろさんの名前を見て思い出しちゃいました。
    今度実家に取りに帰ろうと思います。
  • 2011/5/10 18:06
  • ましろさん
  • 立体的になっていて素敵だなと思ったので、
    母の日のプレゼントに作ってみました。

    すべて手持ちの100均の材料でしたし、
    刺しゅうに戸惑って苦戦しましたが、
    出来上がりにとても満足しております。
    母がとても喜んでくれました。

    素敵なレシピをありがとうございます!
  • 2011/5/10 16:28


最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.