ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

フラワーリース

お気に入りに保存 7人

投稿者: y-haramaki

フラワーリースの作り方

このハンドメイド作品について

フラワーアレンジメント教室で行ったレシピです。写真は、ある生徒さんの作品です。

材料

  • リース型の吸水性スポンジ 
    1個
  • アナベル
    1本
  • スプレーバラ(クリーミーエデン)
    2本
  • スプレーカーネーション(グリーン)
    4本
  • スプレーマム(グリーン)
    1本
  • ブルースター
    1本
  • 斑入りヘデラ
    2本
  • ワイヤープランツ
    2本

作り方

  • 1
    吸水性スポンジをたっぷりの水を張ったバケツに浮かせて、給水させます。
    決して、水の中に押し込んではいけません。

    リング状のスポンジは、生花店で取り寄せてもらえると思います。
  • 2
    ヘデラを茎をつけた状態で、一枚ずつカットし、スポンジ全体にさします。
    いわゆる、カバーリングという行程です。
    最後にも、使うので少し残しておきます。
  • 3
    アナベルを小さく切り分け、スポンジ全体にさしていきます。このとき、カーネーションと同じ高さのものと、やや低いものとになるように、気を配りながらさしていきます。
  • 4
    スプレーバラを一輪ずつに切り分け、表情をつけながら、リースの上面と側面を中心に挿していきます。
  • 5
    スプレーカーネーションも一輪ずつに切り分け、全体にさしていきましょう。
  • 6
    スプレーマムは、全体のなかで一番色が濃いので、
    バランスを考えて挿していきます。バラと同じ高さにさせば、目立ちますが、バラより短めにさせば、目立ちません。
  • 7
    ブルースターをアクセントになるように上面と側面を中心にさします。
  • 8
    全体を見回し、スポンジベースが見えているところは、残っているヘデラを差し込んでカバーをします。
    特に、リースの内側のスポンジベースが見えていないかをチェックします。
  • 9
    最後に、ワイヤープランツをさして、フィニッシュアップをします。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

アナベルはとても茎が弱いので、扱いに注意します。
リースは、全体が同じ長さの花で展開するように挿した方が、きれいに見えます。
花をさす角度や向きにも注意を払った方がよいでしょう。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)
#お花 ,

y-haramakiさんの人気作品

「お花」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.