ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ピンクッション(麺棒ケース)

お気に入りに保存 9人

投稿者: 智美

ピンクッション(麺棒ケース)の作り方

このハンドメイド作品について

私が裁縫をしていても愛犬は寄って来るので普通のピンクッションじゃ危なくて保護性の強い物を、と作りました。
沢山刺さる針山、開けたら宝箱みたいに光るビーズ達が特徴です(〃^^〃)

材料

  • 綿
    適量
  • 適量
  • ビーズ
    適量
  • フェルト
    適量
  • 麺棒ケース
    一つ
  • 段ボール(厚紙など)
    適量
  • 飾り(レースなど)
    お好みで

道具

  • 針と糸
  • はさみ
  • 手芸用ボンド

作り方

  • 1
    麺棒の容器の幅(8cm)の2倍の16cm四方に布を裁断し、端を丸く切り端から0.5cmぐらいの場所をぐし縫いします。
    ※完成図と柄は違いますが同じ作品です。
  • 2
    次に綿を詰めます。
    この時、針の錆を防ぐ為に髪の毛も綿と織り交ぜて入れましょう。
    この時神経質に丸にこだわらなくても、完璧にとじれなかったとしても綿が出なければ大丈夫です。
  • 3
    段ボールを麺棒のケースをあてがい底と同じサイズに切りボンドで貼付けます。
    (調整しながら切ってください)
    そして段ボールにボンドを塗りクッションをその上に張り付けます。
  • 4
    薄い紙を底の上に乗せ爪などで内側を型どったら切り、布に張り付け1cm大きめに布を裁断し端をぐし縫いし、底にボンドで貼付けます。
    (途中から厚紙(厚みが薄い物)に変えてもOK)
  • 5
    同じように蓋の上部部分も作り貼付け、縁を覆うようにレースも貼付けます。
  • 6
    蓋の内側にボンドをくまなく塗りビーズを無造作に敷き詰めます。
    ボンドが軽く固まって来たら端のビーズを内側に少し寄せ本体にはめクルクルと回しまた外し、置いて乾かしましょう。
  • 7
    次に10cm×27cmに布を裁断します。
    (サイズは入れ物の大きさ+2cm)
    そして端を内側に1cm折り込み貼付けます。
    この時、蓋の分のスペースを空けておきましょう。
  • 8
    そしてレースを貼付け、レースの別れ目を隠すようにアップリケを貼ります。
  • 9
    お好みで蓋にレースを貼付けて取っ手のような物を付けても可愛いかな、と。
    その他もお好みで飾り付けてくださいね。
  • 10
    ※結構な容量が入ります。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ビーズは余っている物などを使いましょう(^^)
大きさを揃えた方が綺麗にくっつきます。
ビーズを貼付けた際、ボンドが完璧に乾くまでは蓋をせずに置いておきます。
尚、ビーズが取れないか不安な場合はボンド(こちらも乾くと透明になる物)を上から塗り広げて乾かすと完璧です。

尚、もし使用していて蓋からビーズが丸ごと剥がれてしまうようなら、瞬間接着剤で紙を内側に入れ込み張り付けて下さいね(^^)

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

智美さんの人気作品

「ピンクッション」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:1

  • Aperioママさん
  • 子供が小さいので、針があぶないなぁ~と思っていたので、
    綿棒ケースというアイデアをいただきました!
    ブログでも紹介させていただきました。
    http://blog.livedoor.jp/aperio/archives/51929496.html
  • 2011/4/26 12:58


最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.