ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

フリルのミニ・ポーチ

お気に入りに保存 410人

投稿者: ronique

フリルのミニ・ポーチの作り方
フリルのミニ・ポーチの作り方
フリルのミニ・ポーチの作り方
フリルのミニ・ポーチの作り方

このハンドメイド作品について

小さなフリルのポーチを作ってみました。
デジカメを入れるとちょうどよいくらいのサイズです。

作っているときは、フリルがどんな感じにできあがるか確信がありませんでしたが、完成するとけっこう感動♪
やっぱりフリルは乙女ゴコロにうったえますね。

編んでいるときは、ポーチ本体よりもずっとフリルのほうに時間がかかります。でも、できあがればフリルですから、と思える方はぜひ!

材料

  • 中細のコットン
    65g使用
  • (100gコーン巻 約380m巻)を使いました
    ご参考まで
  • ファスナー
    1本

道具

  • 3号かぎ針

作り方

  • 1
    ポーチ本体については編み図があります。

  • 2
    まずは、ファスナー口の丸いフレームを編みます。
    くさり目を80目作り、最初の目に引き抜いてわにします。1段目は、作ったくさり目にこま編みを80目編みつけます。
  • 3
    そのまま5段目まで目数の増減なくこま編みを編んで、糸を切ります。
  • 4
    次はポーチ本体を、底から編みはじめます。
    くさりの作り目で、30目作ります。
  • 5
    編み図のように4段目までは増し目をしながら、ぐるぐるとこま編みを編みます。
    5~11段目は目数の増減なくこま編みを編みます。
  • 6
    12~13段目は、くさり編みと中長編みを編みます。後ほどここにフリルを編みつけていくことになる部分です。
  • 7
    編み図を参考に、ポーチ本体を30段目まで編んだら、そのまま糸は切らないでおきます。
  • 8
    ポーチ本体と②で編んだファスナー口を、裏側どうしを中裏(という表現があるかわかりませんが、中表の反対です)に重ね合わせます。
  • 9
    このとき、それぞれの編みはじめの位置(立ち上がりの目の位置)が同じ場所で合わさるようにすればキレイかと思います。
  • 10
    ポーチ本体からつながっている糸で、ポーチ本体とファスナー口を引き抜きはぎします(編み図のうす紫色の部分)。
  • 11
    いよいよフリルです。
    こちらも編み図に図解していますが、フリルの1段目は、各マス目のくさり目を束に拾って長編み5目を編み入れます。
  • 12
    このとき、ポーチの口の開きが自分のほうに向くように持って編みます。フリルの編みはじめは、ポーチ本体の編みはじめ位置付近に糸を付けるとよいかと思います。
  • 13
    3段目まで、目数の増減なく長編みを編みます。
  • 14
    このように、3箇所(12~13段目、19~20段目、26~27段目のそれぞれの間のくさり目)にフリルを編みつけます。
  • 15
    私はポーチの口の近く(26~27段目の間)からフリルを編みはじめたのですが、底に近いほうから編んだほうが編みやすいかもしれませんので、念のためご確認くださいね。
  • 16
    フリルができたら、最後に持ち手を付けます。
    ポーチの形を整えてみて、ちょうど両わきにくる部分にそれぞれ糸をつけ、くさり目1目で立ち上がりこま編み5目を編みつけます。
  • 17
    両側とも、そのまま目数の増減なく、往復編みで31段目までこま編みを編みます。
    それぞれの編み終わりの部分どうしを巻きかがりでとめてできあがりです。
  • 18
    ポーチの大きさを変える場合、糸を中細よりも太くしてその糸でフリルを編むと、フリルに厚みが出すぎてゴツくなってしまうかもしれません(糸の素材や個人の感じ方によるとは思いますが)。
  • 19
    その他の方法としては、本体を中細2本どりで編み、フリルは1本どりで編む、というやり方はどうかと。
    この場合、フリルを編む際に、
  • 20
    各マス目に編みつける長編みの数が5目では、長編みの数が少なすぎてフリルがうまく波打たないことも考えられます。
  • 21
    ここは感覚なのですが、各マス目にちょうどよい“ギッチリ感”がでるくらいの長編みの数を見つけてみてください。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ちょうどよい長さのファスナーがない場合、必要サイズよりちょっと長めの樹脂ファスナーを切って使うという方法があるかと思います。その場合、ファスナー止まりの部分は手縫いでとめておいてくださいね。

私のHPでもいろいろな編み図をアップしていますので、よろしければのぞいてみてください。
「Ronique」
http://www.ronique.net

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

roniqueさんの人気作品

「フリル」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:20

  • roniqueさん
  • >lisawellさん

    2つ目をつくっていただけたなんてこちらこそ感激です。ほんとうにありがとうございます!
    1作目のアレンジも素敵でしたし、くるみボタンというのも使いやすそうですね(説明が分かりにくくてごめんなさいね)。

    またlisawellさんにのぞいていただけるような作品づくりめざしてがんばりたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします♪
  • 2011/5/4 10:08
  • lisawellさん
  • Roniqueさん

    2回目のコメントになります。
    最初に、大き目のものが欲しく形を変えて作ったのですが
    やはり、Roniqueさんの編み図どおりのものが欲しく
    また、編みました。
    型崩れもせず、とても可愛い形で感激です。

    ファスナーをつける所がよくわからなかったので
    くるみボタンにしました。

    いつも、素敵な作品を提供していただきありがとうございます♪
  • 2011/5/2 08:31
  • roniqueさん
  • ★そのまた続きです↓

    編み方は、ポーチ本体の口が自分の方に向くように持ち、“中長編み+くさり編み”部分に糸をつけて長編みを編んでいきます。
    この辺は、言葉ではこうお伝えするしかなく、わかりにくくてごめんなさいね。

    説明用の写真が準備できたらこちらのレシピも更新したいと思いますので、編み途中でお待たせして申し訳ありませんが、もう少しお待ちくださいね。

    言葉での回答でよければ、またいつでもご質問いただければと思います。
  • 2011/4/21 10:32
  • roniqueさん
  • ★先ほどの続きです↓

    3/7のブログですが、こちらはフリルはまだ途中なのですが、本体は30段目まで編みきっている状態です。
    ですので、まずは本体を30段目まで編んでみてください。
    ポーチ本体ができた段階で一度糸を切ってもらい、フリルは別の糸で編みます。

    フリルを編んだ実感として、このブログ写真のように、上(ポーチ本体の口のほう)からフリルを編みつけ始めると、ちょっと編みにくかったので、ポーチ底側の“中長編み+くさり編み”部分からフリルを編みつけていったほうがよいと思うんです。

    ★また続きます。
  • 2011/4/21 10:31
  • roniqueさん
  • >yuinomiさん
    ポーチ作っていただきありがとうございます!
    言葉で説明するより、できれば写真つきで具体的にお伝えできればと思っておりますので、そちらはもう少々お時間をいただいてもいいですか?

    で、まず言葉で説明すると、ポーチ本体は“こま編み”の段と“中長編み+くさり編み”の段をまじえながら30段目まで編むのですが、13段目以降は14~18段目が“こま編み”、19~20段目が“中長編み+くさり編み”といった具合に続いていきます。
    ここについては、レシピにある編み図を見ていただくのが分かりやすいと思います。

    ★→長くて文字数オーバーになってしまったので、二回に分けて書きますね。
  • 2011/4/21 10:28


最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.