ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

クロッシェ・パティシエのベリータルト

お気に入りに保存 196人

投稿者: ronique

クロッシェ・パティシエのベリータルトの作り方
クロッシェ・パティシエのベリータルトの作り方

このハンドメイド作品について

手のひらサイズのタルトです。タルトのクリームをチョコレートカラーにしてみました。
今回もいちごなんですが、ちょっと形を変えて、たて半分に切ったものにしてみました。ケーキ小箱のようなホールのいちごをのせてもいいと思います。

近く、またスイーツアップしますので、またのぞいてみてくださいね。

材料

  • 並太のコットン糸(ベージュ、こげ茶)
    適宜
  • 中細のコットン糸(赤、紺、白)
    適宜
  • パーツ縫いとめ用のミシン糸
    適宜
  • ポリわた
    適宜

道具

  • 3号/5号かぎ針
  •  ↑ 中細に3号、並太に5号を使用
  • パーツ縫いとめ用の縫い針

作り方

  • 1
    まずはベースのタルトから。タルトカップ(ベージュ)は、上の表をご参照ください。
    輪の作り目で作りはじめて1~7段目まで、タルトカップの底を編みます。
  • 2
    8~11が側面になりますが、8段目は前段のこま編みの編み目の向こう側1本だけをすくって、すじ編みをします。
    最終段の11段目でバックこま編みを編んで終わりです。
  • 3
    ベースのタルトの内側(こげ茶)は、左の表をご参照ください。
    こちらも輪の作り目で編みはじめ、7段目まで増し目をします。
  • 4
    1.2.で作ったタルトカップの中に、3.で作った内側部分を入れるのですが、こま編みの編地の裏側を表として使いました(このほうが形がきれいだったので)。
  • 5
    次に、飾りのフルーツは、それぞれ、いちご編み図とブルーベリー編み図をご覧ください。
    いちご8個、ブルーベリー5個ずつ作りました。タルトにのせてみて、必要な個数をご確認くださいね。
  • 6
    飾りの生クリームも編み図があります。
    輪の作り目で、1段目は中長編みを7目編みます。
  • 7
    2段目は、前段の中長編みに、中長編み1目と、長編みの表引き上げ編み1目を編みいれて増し目します(+7目)。
    ちょっと編みにくいかもしれませんが、どうかご容赦ください。
  • 8
    パーツがすべてそろったら、まずタルトカップとタルト内側を縫いとめます(途中で中に綿を入れます)。
    ベースのタルトにいちごとブルーベリーと生クリームを縫いとめたらできあがりです。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

生クリーム以外は特にややこしいことはないかと思います。他にもケーキのレシピをアップしていますので、そちらのフルーツなどを使ってオリジナルを作っていただいても♪

わたしのHPでも編み図をアップしていますので、よろしければのぞいてみてください。
「Ronique」
http://www.ronique.net

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

roniqueさんの人気作品

「ケーキ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.