ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

ぱんだのバック

お気に入りに保存 24人

投稿者: PieniSieni

ぱんだのバックの作り方

このハンドメイド作品について

今話題のパンダのバックです。ころころと太ったパンダが笹を食べようとしているモチーフです。フェルトで出来ているので軽くて持ちやすいです。これを持って上野動物園に行ってみてはいかが?作り方も簡単です。
革の取っ手は既製品でもかまいませんが、自作もできます。こちらをご覧ください。
http://kippermum.exblog.jp/12080896/

材料

  • 厚手フェルト(2㎜厚)
    42×21㎝
  • フェルト(白)
    10×8㎝
  • フェルト(黒)
    8×5㎝
  • フェルト(濃い緑)
    11×10㎝
  • フェルト(緑)
    6×3㎝
  • フェルト(薄い緑)
    5×3㎝
  • 刺繍糸
    すこし
  • 革取っ手(既製品または自作)
    1組

作り方

  • 1
    厚手のフェルトを写真のサイズに切る。これが本体になります。
  • 2
    写真のデッサンをもとに型紙を作ってください。
    大きさは縦9㎝、横7cmです。
  • 3
    A型紙通り白と黒のフェルトを切る。
    B白の上に黒をのせてバランスをみる。
    C手足をつける。
    D目と耳をつける。
  • 4
    A写真どおりに緑(見づらいですが3色あります)のフェルトを切る。
    B(1)本体の上に(3)とAをのせてバランスをみる。
  • 5
    Aパンダを本体に縫い付ける。
    B笹の幹を本体に縫い付け、フシの刺繡をする。
    C笹の葉を本体に縫い付ける。
  • 6
    A脇をボタンホールステッチで縫い合わせる。
    Bマチをボタンホールステッチで縫い合わせる。
    C取っ手をつける。

    完成!!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

取っ手は既製品でもかまいません。自作する場合はこちらをご覧ください。
http://kippermum.exblog.jp/12080896/
フェルトで自作してもかわいいと思います。
脇やマチのボタンホールステッチを丁寧に刺すと綺麗に仕上がります。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)
#パンダ , #フェルト , #バック , #簡単 , # , # , #かわいい , # , #取っ手 , #自作 ,

PieniSieniさんの人気作品

「パンダ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.