ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

とりのショルダーバック

お気に入りに保存 76人

投稿者: PieniSieni

とりのショルダーバックの作り方

このハンドメイド作品について

幸せの青い鳥のショルダーバックです。

フタ付きなのでセキュリティ面はばっちり。
内布付きですが作り方は簡単です♪

このバックの作り方をマスターすれば、サイズやアップリケのデザインを変えて貴方のお好みのバックを作ることができます。

是非作ってみてくださいね♪

材料

  • ウール生地(赤)
    75×50cm
  • 綿生地(内布用)
    75×40cm
  • フェルト(青)
    15×11cm
  • 刺繡糸
    すこし
  • フェルト(お好きな色)
    すこし

作り方

  • 1
    図の様に青いフェルトと他のお好きな色のフェルトを切る(2の写真のAを参照)。赤のウール生地を47×32cmに裁断する。
  • 2
    ウール生地の短辺から3cmの位置に青い鳥の底がくるように刺繡糸で縫いとめる(B)。続いて顔を刺繡する。(C,D)
  • 3
    トサカ(A)、胴体の丸(B)、尻尾の丸(C)を写真の様に刺繡糸でとめつける。
  • 4
    紐用に赤いウールを12×60cmに裁断して写真の手順でアイロンをかける(A,B,C)。待ち針をうち、両側に押さえミシンをかける。
    詳しい紐の作り方は下記のコツを参照して下さい。
  • 5
    ウールを5.5×74(マチ)21×32cm(本体)に裁断。本体の長辺とマチの中心を中表に合わせてミシンで縫う(A)。残りのマチをBのように上に折り上げ、それをまた下に折る(C)。
  • 6
    Aのように生地の右端から20cmをミシンで縫う。(B)。生地が余ったら切り落とす(C)。(今回は伸びやすいウールを使用したため。通常は切り落とさなくても大丈夫)
  • 7
    (3)のウール生地の短辺と(6)のマチの中心を中表で合わせて、(5)、(6)と同様の手順で縫う。
  • 8
    マチを写真のように広げて破線部分を縫う(A)。これでウールの袋が出来た。綿生地もこれと同じ手順で袋状に仕立てる。(4)で作った紐をウールの袋のマチの表側に仮止めする(B)。
  • 9
    Aのように綿生地の袋にウール生地の袋を入れる。(中表の状態になる)Bのように待ち針をうつ。このとき縫い代は全てマチ側に倒す(C)。
  • 10
    返し口を10cm残して縫う(A)。フタとマチの間の縫い代に切り込みを入れる(B)。返し口から外表にひっくり返してバックの形に整える(C)。縫った所と返し口にアイロンをかける(D)。
  • 11
    返し口に仕上がり通りに待ち針をうつ(A)。返し口と(10)で縫ったところに押さえミシンをかける(B,C)。ミシンが進みづらい所は目打ちを使うとよい(D)。

    完成!!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

縫い代は全て1cmです。
アイロンを丁寧にかけるのが綺麗にできるコツです。

紐の詳しい作り方はこちらです。
http://kippermum.exblog.jp/12027356/#12027356_1

(10)で表に返す時、フタの角を美しく仕上げる方法はこちらです。
http://kippermum.exblog.jp/12014906/
角の仕上がりが違いますよ。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

PieniSieniさんの人気作品

「バック」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.