ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

まあるいバック

お気に入りに保存 160人

投稿者: PieniSieni

まあるいバックの作り方

このハンドメイド作品について

ころんとした形が愛らしいバックです。メルヘンな作品ですが、お花のアップリケを無くして生地を変えるとまたガラリと雰囲気がかわります。個性的なボタンをつければオリジナリティあふれるバックになりますよ。それほど難しくもありません。

材料

  • ウール(表布)
    60×60cm
  • コットン生地(内布)
    60×60cm
  • フェルト
    お好きなだけ
  • 刺繍糸
    少し
  • ボタン
    1つ

作り方

  • 1
    写真のように表布(ウール生地)と内布(コットン生地)を3枚ずつ裁つ。2枚裁った舟形の生地はバックの本体になり、1枚裁った生地はバックのマチになります。
  • 2
    舟形に裁った表布に刺繡をする。1お花を置いて全体のバランスを見る2パーツを待ち針で仮止め3赤い実を刺繡する4葉っぱを刺繡する5お花を刺繍する。お花の作り方は下のメモを参照。
  • 3
    表布を8×45cmに裁つ。これを長手方向に半分に折ってアイロンをかける。さらに両端を真ん中まで折ってアイロンをかける。
  • 4
    (3)をアイロン通りにたたみ、両端に押さえミシンをかける。ひもの完成。
    表布(ウール生地)を4×12cm裁ち、(3)(4)の手順で同じ物を作る。これがボタン用のループになる。
  • 5
    バックの本体の生地とまちの生地を中表に合わせて待ち針をうち、縫い代1cmで縫い合わせる。
  • 6
    もう一枚の本体の生地と(5)を中表で合わせて待ち針をうち、縫い代1cmで縫い合わせる。これで表布で袋がで完成。内布も同じように仕立てて袋を作る。
  • 7
    表布の袋に(4)で作ったひもとループを写真のように仮止めする。
  • 8
    内布の袋に表布の袋を写真のように入れ、袋の口に待ち針をうつ。内布と表布の縫い代は写真にあるように重ならないように待ち針をうつ。
  • 9
    写真のように袋の口を縫い代1cmで縫う。この時返し口として10cm縫い残す。
  • 10
    返し口からバックを表に返す。表布の袋に内布の袋を入れ、袋の口を整えてアイロンをかける。袋の口に押さえミシンをする。
  • 11
    ボタンをつける。

    完成!!!!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

お花の作り方は
http://kippermum.exblog.jp/11975873/
を参照してください。
ウール生地やお花の色、花のつけ方等で雰囲気がかわります。
アイロンを指定された場所に丁寧にかけるのがキレイにできるコツです。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

PieniSieniさんの人気作品

「バック」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.