ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

綿入りリボン(布の端の処理も楽チン)

お気に入りに保存 14人

投稿者: 智美

綿入りリボン(布の端の処理も楽チン)の作り方

このハンドメイド作品について

基本形のリボンなのでゴムをつけたり、ピンを付けたりと工夫次第で色々出来そうです(〃^^〃)

写真前の後ろの作品にはボタンとさらにリボンらしくなるようにひだ(?)を付けました♪

材料

  • 適量
  • 綿
    適量

道具

  • 針と糸
  • ハサミ

作り方

  • 1
    先ずは布をお好きなリボンのサイズに切ります。
    ※半分に折ったサイズがリボンの横幅になりますが、縫い代約1cm程大きめにカットしてください。
  • 2
    布を裏返しにし端を約0.5mmぐらい折った状態で、ぐるっと一周縫っていきます。
    (ここは後で隠れる場所なので、縫い目は少しくらい大きくても大丈夫です)
  • 3
    写真のように真ん中に布の端が来るように合わせ、上下の先程縫った所の布のすぐ下を縫っていきます。
    (これで布の端の処理を済ませてしまいます)
  • 4
    このような形になったら裏返し、綿を詰めていきます。
    (綿の量はお好みで調節してくださいね)
  • 5
    綿を詰めたらその穴を塞ぐように縫っていきます。
    ※この時の糸は処理せずにそのままにしておいてください。
  • 6
    次に今持っている糸で生地の真ん中を二周巻き締め上げていきます。
    ※この時糸で手を、そして糸を切らないように気をつけてくださいね。

    そして真ん中を軽く縫い形を固定します。
  • 7
    次に真ん中の軸となる布をカットします。
    縫い代約1cm程大きめにカットください。
    (この時の縦のサイズは巻き付けてみて、少し大きいぐらいが後で調節出来て便利です)
  • 8
    次に中に生地の端が来るようにした布の端を内側に約1cm縫い留めます。
    そしてそれをリボンの裏側の中心に縫い付けます。
  • 9
    そして真ん中に向けて折った状態でリボンに巻き付けながら縫い付けます。
    (わかりやすくなるようにマッチ針を付けてますが、無い状態で自分で調節しながら縫った方が楽で安全だと思います)
  • 10
    最後に巻き付けて縫った布の端を内側に折り込んだまま縫い付け完成です。
    (この時、手順8の部分の縫い始めと重ならないよう調節して縫うと後でモチーフなどに使う時に楽に作業が出来ます)

このハンドメイド作品を作るときのコツ

布を切るとすぐにほつれるので全てまつっていたのですが、母に昔このやり方を教えてもらいました。

リボンの形に糸で締め上げる時の注意だけは、忘れず気をつけてくださいね(;^_^A

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

智美さんの人気作品

「リボン」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.