ログイン(エキサイトID)新規登録

編み松ぼっくりのクリスマスリース

お気に入りに保存 268人

投稿者: ronique

編み松ぼっくりのクリスマスリースの作り方

このハンドメイド作品について

松ぼっくりやどんぐりなど、木の実ってかわいくてつい惹かれてしまいます。
クリスマスシーズンになるといつも目にとまる松ぼっくりで、ちょっと大人っぽい雰囲気のリースを作ってみました。
パーツは多くても、一つひとつは簡単ですよ♪

材料

  • 並太のコットン糸(茶)
    適宜
  • 中細のコットン糸(ベージュ、赤、茶)
    適宜
  • 中細のラメ糸
    適宜
  • かご用のジュート糸
    適宜
  • ポリわた
    適宜
  • 3号/5号かぎ針
    1本

道具

  • 3号/5号かぎ針

作り方

  • 1
    松ぼっくりは、編み図をご参照ください。
    [大]3枚、[中]2枚、[小]2枚ずつ編み、全7枚を組み合わせて、松ぼっくり1個を作ります。
  • 2
    松ぼっくり[小]の1枚は、編み始めの糸か編み終わりの糸を、長めに(20~25cmくらい)残しておきます※1。
  • 3
    松ぼっくり7枚のパーツができあがったら、※1の[小]パーツを一番下にして、「松ぼっくりパーツの重ね方」のように重ねます。
  • 4
    一番下の[小}パーツの残り糸を、全パーツの中央の編み始めの輪に通していきます。
  • 5
    一番上の[小]の中央に糸を通し終えたら、その糸を使って鎖を6目編み、根元でまた引き抜き編みをして、パーツの裏側のほうに渡して糸処理をします。
  • 6
    茶色の松ぼっくりを4個、金色を3個作ります。(写真では松ぼっくりが一つ足りませんが・・・)
  • 7
    りんごは2段目以降、表のように目を増減させながら編み(途中でわたを入れてください)、12段目を編み終えたら、編み目に糸を通してしぼります。
  • 8
    りんごの編み終わりの真ん中あたりに茶色い糸をつけて、鎖を4目程度編み、引き抜き編みで引き返してきて、根元で糸処理します。
  • 9
    リース中央のかごも、輪の作り目で、こま編み6目から編みはじめます。
    2段目以降は「かご」編み図をご参照ください。
  • 10
    リースの材料ができあがったら、固めでしっかりした糸を毛糸針に通して、丸いリース形になるようつなぎます。
  • 11
    同様に、テクノロートを(編み針に通して)リースの中を通しておくと円形が保ちやすいかと思います。
    一番上のりんごの裏側に、ひっかけ用のひもを付けておきます。
  • 12
    リースができたら、かごを、はずれないように縫い付けます。
    かごの中に松ぼっくりを入れてできあがりです。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

わたしのホームページでも、いろいろな編み図やちょっとしたHow toをのせていますので、よろしければのぞいてみてください。
「Ronique」
http://www.ronique.net

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

roniqueさんの人気作品

  • シンプル丸底バッグ 1
  • うさぎ・くまのしっかりモチーフ 2
  • クロッシェ・パティシエのケーキ小箱 3
  • かぎ針編みのシンプルなクリスマスツリー 4
  • ギンガムチェックのかぎ針編みマット 5

関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



ピックアップ

最新情報を
SNSでも配信中♪

twitter

ピックアップ

ハンドメイドで冬を彩るレシピ投稿コンテスト
手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.