ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

仕切りのある文具袋

お気に入りに保存 9人

投稿者: makocco

仕切りのある文具袋の作り方

このハンドメイド作品について

よく使う文房具をファスナーのついた袋に入れて持ち運んでいましたが、すぐにぐちゃぐちゃになって取り出しにくいので、仕切りのある文具入れを作りました。

材料

  • フェルト大
    42cm×25cm
  • フェルト小
    25×25
  • 平ゴム
    24cm
  • ヘアゴム(細)
    8cm
  • ボタン
    1個

道具

  • ピンキングばさみ

作り方

  • 1
    フェルト大の上に文具を置き、文具の幅に合わせて印をつける。
    幅ギリギリではなく、余裕を持たせる。
  • 2
    フェルト小を重ね、縫う箇所に印を付ける。
  • 3
    印を付けた個所を2~3センチ縫う。
    (手縫いなので刺繍糸をつかいました。)
  • 4
    マステ持ち運べるようにしました。
  • 5
    ボタンをフェルト小の端に付けます。
    ヘアゴムを半分にして輪を作ります。平ゴムの端を1.5cm折、輪を通します。
    反対側の平ゴムの端は折り返して、フェルト小と一緒に縫います。
  • 6
    反対側は大きなポケットにしました。
    両端を、フェルト小の半分の位置まで縫います。
  • 7
    出来上がり。
  • 8
    お好みで、レースやチャームを付け、オリジナルな文具入れを作ってください。

    フェルトの端は切りっぱなしにせずに、ピンキングバサミを入れると簡単にかわいくなります。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

手持ちの文具に合わせて、ポケットの大きさを決めてください。

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

makoccoさんの人気作品

「フェルト」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.