ハンドメイド、手作りのレシピサイト

ログイン(エキサイトID)新規登録

重要なお知らせ

バラっぽい、ちりがみお花♪

お気に入りに保存 4人

投稿者: ちりがみ細工のぴー

バラっぽい、ちりがみお花♪の作り方

このハンドメイド作品について

バラっぽい、ちりがみお花です♪
本来は色紙で作る物として、児童館の方に教わったのですが、
「これって、ティッシュでも、出来るんじゃ!?」
と思って、作ってみました♪(^▽^

折って作るだけなら、普通の紙で、
折り紙として作った方が、簡単だと思いますが、
ティッシュだと、やわらかい感じに出来ます♪

材料

  • ティッシュ・色付きティッシュ
    数枚
  • セロテープ
    数十センチ
  • サインペン・絵の具等
    適量♪

作り方

  • 1
    さて、まずはティッシュor色付きティッシュを正方形に切って、対角に折ります。
    三角形にするんですね。
  • 2
    それをまたさらに半分に折ります。
    実は、途中までは「鶴」を折る時と、同じ手順なんです。
    鶴を作るつもりで♪\(^▽^)
  • 3
    それを開きながら、半分にパカッと折ります。

    文章で説明するほうが、わかりにくそうでスミマセンが…(^^;;
  • 4
    はいっ 裏返して反対側も同じようにします。
    たたむ感じですね。
  • 5
    「よいせ」っと先っちょをめくって折りながら、
    左右をたたむように折ります。
    この辺も鶴と同じです。
  • 6
    ひっくり返して、反対側も同じようにします。
    ここも鶴と同じですねー。
    折り紙よりも、当然折りにくいんですが、折り紙ほど正確でなくて、おおむね似たような形になれば良いのです♪
  • 7
    一気に変ったようですが…
    前の状態から右下の三角を左側に戻すように折り、そのあと上の画像で言えば、上下に分かれた左側の部分を、
    それぞれ折りながら上と下に開いて折ります。
  • 8
    そのまま四箇所の先端を内側に折って、中心をセロテープで止めます。
    この状態でお花を、裏側からみた方向になっています。
  • 9
    ひっくり返して手のひらの上に乗せます。
    鶴(もはや原形をとどめていませんが…)で言えば、
    背中の部分がありますよね?
    それをぴょこんと立ててみます♪
  • 10
    そのぴょこんを持って「たあー!」と、ネジります。

    弱いと元に戻っちゃいますが、全力でやったらティッシュはひとたまりもありません。
    程よい力でネジネジやって見て下さい♪
  • 11
    するとこんな感じで、お花部分は完成です♪

    折り紙の時「大体で良い」のは、どーせ最後にぐしゃっと丸めるからなんですね(笑)
    1ミリ刻みで正確に折っても意味無しです。
  • 12
    後は茎を作ります♪

    セロテープの接着面を、サインペンや色マジックで塗って~♪
  • 13
    よじって棒状にすれば完成です♪

    セロテープの背中側に色を塗って、接着面が外に来るようにねじり、改めて外側にセロテープを貼ってもOKです♪
  • 14
    お花と茎を合体させます♪
    例えばこんな風に、セロテープを貼って~♪
    先にお花を「ぺかっ☆」とやると…。
  • 15
    バラっぽいちりがみお花、大完成です♪
    最初のティッシュの、色だけ変えれば、どんな色のお花でも出来ます♪
    \(^▽^)

このハンドメイド作品を作るときのコツ

難しいと言うほどでは、無いんですが、
最初は、
「文章で説明を聞くほうが、わかりにくい☆」
「本来折り紙でするところを、やわらかいティッシュで折る☆」
の二点が、
ちょっとハードルかもしれません。(^^;;

ブログで紹介(下記をコピーして記事に貼り付けます。)

ちりがみ細工のぴーさんの人気作品

「ちりがみ細工」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログイン(エキサイトID)が必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.